[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

WBC日本に13失点歴史的大敗 韓国紙は辛辣「日本と違いを認めなくてはならないのか?」

野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表・侍ジャパンは10日、1次ラウンド第2戦で韓国戦(東京D)に13-4で大勝し、開幕2連勝。一方、逆転負けで2連敗となった韓国は、1次ラウンドで敗退危機となった。韓国メディアは「『宿命のライバル』と言うには近頃の成績が芳しくない」と、実力差を見せつけられた代表チームに辛辣だった。

WBC1次ラウンド、日本に敗れた韓国ベンチ【写真:ロイター】
WBC1次ラウンド、日本に敗れた韓国ベンチ【写真:ロイター】

「カーネクスト 2023 WORLD BASEBALL CLASSIC 東京プール」1次ラウンド

 野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表・侍ジャパンは10日、1次ラウンド第2戦で韓国戦(東京D)に13-4で大勝し、開幕2連勝。一方、逆転負けで2連敗となった韓国は、1次ラウンドで敗退危機となった。韓国メディアは「『宿命のライバル』と言うには近頃の成績が芳しくない」と、実力差を見せつけられた代表チームに辛辣だった。

【注目】応援のプロが楽しみにする『チアスタ!』での交流 チアリーダーHARUKAさんの想い

 韓国紙「スポーツ朝鮮」は「『AGを除けば日韓戦は6連敗』宿命のライバルと言えるのか?」との見出しで記事を掲載。「日本との戦力の違いを認めなくてはならないのだろうか。『宿命のライバル』と言うには近頃の成績が芳しくない」とかつて凌ぎを削った両国の力関係について記した。

 韓国は3回にダルビッシュから2ランを放つなど3点を先取。幸先良い展開だったが、その裏に4点を奪われてあっさり逆転を許すと、10人の投手が合わせて13失点。あわやコールド負けかという大敗を喫し、2連敗で1次リーグ突破が厳しくなった。

 記事では「(日本がアマチュア選手を派遣した)アジア大会を除けば、最後の日韓戦の勝利は2015年プレミア12の決勝戦だ。当時、韓国は予選開幕戦で日本に0-5で完敗したが、決勝で日本と再び対戦し、4対3でドラマチックな勝利を収め優勝を果たした」と日韓戦最後の勝利を回顧し、こう続けた。

「しかし、それ以来6年間勝利がない。2017年APBC(アジアプロ野球チャンピオンシップ)で予選7-8の敗北に続き、決勝で再び日本と対戦し、0-7で完敗した痛い思い出があり、2019年プレミア12でも日本と2回対戦し、2回とも敗れた」

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAプレミアリーグ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集