[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

韓国、13失点大敗&2連敗で敗退危機 指揮官「私に非ある」「投手交代のタイミング遅かった」

野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表・侍ジャパンは10日、1次ラウンド第2戦で韓国戦(東京D)に13-4で大勝し、開幕2連勝。一方、逆転負けで2連敗となった韓国は中盤以降ワンサイドの展開に。イ・ガンチョル監督は試合後の取材に対し「全体的に苦しい展開だった。投手交代のタイミングが遅かった。私に非があると考えています」と振り返った。

韓国のイ・ガンチョル監督【写真:荒川祐史】
韓国のイ・ガンチョル監督【写真:荒川祐史】

「カーネクスト 2023 WORLD BASEBALL CLASSIC 東京プール」1次ラウンド

 野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表・侍ジャパンは10日、1次ラウンド第2戦で韓国戦(東京D)に13-4で大勝し、開幕2連勝。一方、逆転負けで2連敗となった韓国は中盤以降ワンサイドの展開に。イ・ガンチョル監督は試合後の取材に対し「全体的に苦しい展開だった。投手交代のタイミングが遅かった。私に非があると考えています」と振り返った。

【注目】応援のプロが楽しみにする『チアスタ!』での交流 チアリーダーHARUKAさんの想い

 初戦のオーストラリア戦に敗れ、負けられない韓国は3回にダルビッシュから先制2ランを含め3点を先制。幸先の良い展開だったが、その裏に投手陣が撃ち込まれて4失点。あっさり逆転を許した。4-6で迎えた6回には打者9人の猛攻を浴びて5失点。その後も失点を重ね、終わってみれば13失点の大敗となった。

 試合後、イ・ガンチョル監督は「全体的に苦しい展開だった」と試合を振り返り、「投手交代のタイミング遅かった。私に非があると考えています」と失点を食い止められなかった責任を負った。

 開幕2連敗となり、1次ラウンド突破が厳しい状況に。「敗因は3回。野球は得点して失点しなければ勝てるが、あそこで勝機を失った」と、3得点しながらすぐ逆転を許す展開を悔やんだ。ピンチで迎えた大谷翔平の打席で申告敬遠し、ブーイングを浴びた場面については「あの状況で大谷に長打を打たれるのはよくない。次の打者(村上)の状態が良くなくて、こちらの投手はチェンジアップがいいので、ダブルプレーを取りたかった」と語った。

 点差に日韓の実力差が表れているかを尋ねられると「今日、日本がよくやったことは認めるが、韓国の選手の力はこれで終わりではない。成長すれば十分いい試合ができると思う」と話した。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集