[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

WBC日本から唯一の本塁打 東海大菅生出身の中国リャン・ペイ「びっくり。反応で打てた」

野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表は9日、中国との1次ラウンド初戦(東京D)に8-1で勝利した。中国唯一の得点を挙げたのはリャン・ペイ外野手。日本育ちで東海大菅生(西東京)に所属していた男は「打った瞬間は入ると思わなかったので、ちょっとびっくりしました」と振り返っている。

WBC日本戦、6回に本塁打を放ったリャン・ペイ【写真:荒川祐史】
WBC日本戦、6回に本塁打を放ったリャン・ペイ【写真:荒川祐史】

「カーネクスト 2023 WORLD BASEBALL CLASSIC 東京プール」1次ラウンド

 野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表は9日、中国との1次ラウンド初戦(東京D)に8-1で勝利した。中国唯一の得点を挙げたのはリャン・ペイ外野手。日本育ちで東海大菅生(西東京)に所属していた男は「打った瞬間は入ると思わなかったので、ちょっとびっくりしました」と振り返っている。

【注目】応援のプロが楽しみにする『チアスタ!』での交流 チアリーダーHARUKAさんの想い

 日本から唯一の得点を奪ったのは、日本育ちのリャン・ペイの本塁打だった。0-3の6回2死走者なし、戸郷の内角速球を強振した。打球は左翼席へと一直線。東京ドームをどよめかせる一発で、ゆっくりとホームインした。

 リャン・ペイは調布シニア、東海大菅生でプレーした経験を持つ。試合後の取材では「打った瞬間は入ると思わなかったので、ちょっとびっくりしました。(前の打席まで)大谷選手のストレートを意識していたので、反応で打てました」と振り返った。

 試合には敗れたが「この満員の球場で打ってみたいというのが、小さい頃からの夢だったので、1つ達成できました」と満足げ。ディーン・トレーナー監督も「本当に、よく打ってくれた。ベンチのエネルギーが乗り移ったようなホームランだった。正直言って、あの1発で勝つチャンスが訪れたと思った」と称えていた。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集