[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

韓国の“凡ミス”を見逃さなかった豪州選手「もしかしたらと思って…」 指揮官も称賛

野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は9日、日本と同じプールB(東京D)の韓国がオーストラリアに7-8で敗れ、初戦を落とした。韓国は1点ビハインドの7回に痛恨ミス。二塁打を放ったカン・ベクホが、塁上でガッツポーズ中にベースを離れてタッチアウトとなった。この瞬間を見逃さず、タッチしたオーストラリアのロビー・グレンディング内野手は「もしかしたらこういうことが起きるのではないか」と考えていたことを試合後に明かした。

WBC1次ラウンド、韓国を下した豪州代表の選手たち【写真:Getty Images】
WBC1次ラウンド、韓国を下した豪州代表の選手たち【写真:Getty Images】

「カーネクスト 2023 WORLD BASEBALL CLASSIC 東京プール」1次ラウンド

 野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は9日、日本と同じプールB(東京D)の韓国がオーストラリアに7-8で敗れ、初戦を落とした。韓国は1点ビハインドの7回に痛恨ミス。二塁打を放ったカン・ベクホが、塁上でガッツポーズ中にベースを離れてタッチアウトとなった。この瞬間を見逃さず、タッチしたオーストラリアのロビー・グレンディング内野手は「もしかしたらこういうことが起きるのではないか」と考えていたことを試合後に明かした。

【注目】応援のプロが楽しみにする『チアスタ!』での交流 チアリーダーHARUKAさんの想い

 よく見ていた。豪州が5-4と1点リードで迎えた7回の守りだ。1死走者なしから、相手の代打カン・ベクホが二塁打。スライディングし、立ち上がりながらベンチにガッツポーズした。一瞬の隙か、ベースに触れていたはずの右足かかとが浮いてしまった。見逃さなかった二塁手のグレンディングがタッチ。最初はセーフの判定だったが、リプレー検証の末にアウトになった。

 豪州は1点差で勝利。このシーンについて、試合後の取材でグレンディングは「もしかしたらこういうことが起きるのではないかと思って…(走者に近づいた)。コーチがリクエストしてくれたお陰」と振り返っている。

 大事な初戦をものにしたオーストラリア。デービッド・ニルソン監督は「私はあの瞬間を見ていなかったが、中堅手がアピールしてくれた。グレディングがよくランナーを見ていた」と、自軍選手の好プレーを称えていた。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集