[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平は「最高に愉快だ」 米大手メディアが衝撃2発を絶賛「なぜならこの2本は…」

野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表は6日、阪神との強化試合で8-1で勝利した。米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は「3番・DH」で先発し、2打席連続3ランと異次元の活躍だったが、米国の大手スポーツ専門局「CBSスポーツ」は「これは最高に愉快だ」と二刀流の躍動を大絶賛している。

阪神との強化試合で2打席連続3ランを放った大谷翔平【写真:Getty Images】
阪神との強化試合で2打席連続3ランを放った大谷翔平【写真:Getty Images】

6日の阪神戦で中越え3ラン2連発

 野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表は6日、阪神との強化試合で8-1で勝利した。米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は「3番・DH」で先発し、2打席連続3ランと異次元の活躍だったが、米国の大手スポーツ専門局「CBSスポーツ」は「これは最高に愉快だ」と二刀流の躍動を大絶賛している。

【注目】応援のプロが楽しみにする『チアスタ!』での交流 チアリーダーHARUKAさんの想い

 大谷にとっては1974日ぶりとなった国内試合の衝撃は、米国にも伝わっていた。「CBSスポーツ」では大谷の阪神戦で魅せた6打点の躍動を特集している。「(WBC参加選手には)数々のビッグネームが存在するが、そのトップの名前はショウヘイ・オオタニだろう」と記事では本大会の主役と太鼓判を押した上で、阪神戦の圧巻の連弾を絶賛している。

「これは最高に愉快だ。なぜならこの2本は全く違う本塁打だ。1本目は、片膝をつく防御姿勢に崩れ落ちながらも、依然として本塁打を放つほどの強さを示した。2本目は我々が慣れ親しんでいる疑問の余地ゼロの一発だ」

 大谷は3回2死一、二塁の第2打席の場面で、阪神先発・才木が投じたフォークに体勢は崩れたが、最後は片膝をつき、右手一本ですくい上げるようなスイングでまさかの中越え3ラン。続く5回の第3打席でも詰まりながらも中越えに運び、スタジアム大興奮となった。

 特集では、WBCでも唯一無二の立場であることにも注目。「オオタニは日本のために打者と投手を務めることになる。彼にとってはスペシャルなロスタースポットだ。他の全選手は投手、捕手、内野手、あるいは外野手とリストされる中、彼は自分だけのツーウェイ(二刀流)という素敵な区分を手にするのだ」とも紹介している。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集