[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

交通事故で大怪我→4か月後にボディコン日本一 肋骨2本折れた尾花優が毎日意識した存在

株式会社SBCが主催する「Super Body Contest(スーパー・ボディ・コンテスト)」の日本大会となる「SBC FINAL 2022」が12月10日、埼玉・越谷サンシティホールで開催され、各部門で筋肉美が競われた。アウトラインを重視するSBC部門のDUKEクラス(男子30~39歳)で1位に輝いた35歳の尾花優は、同部門の総合優勝にあたるChampion of The Showにも選ばれた。8月には交通事故で肋骨を2本折り、頸椎捻挫も患う大怪我を負ったが、11月の鎌倉予選でカムバック優勝。勢いそのままに日本大会も制した。「毎日意識していた」というライバルの存在と、優勝の重みについて聞いた。

アウトラインを重視するSBC部門のDUKEクラス(男子30~39歳)で1位に輝いた35歳の尾花優【写真:中戸川知世】
アウトラインを重視するSBC部門のDUKEクラス(男子30~39歳)で1位に輝いた35歳の尾花優【写真:中戸川知世】

Super Body Contest 2022 FINAL

 株式会社SBCが主催する「Super Body Contest(スーパー・ボディ・コンテスト)」の日本大会となる「SBC FINAL 2022」が12月10日、埼玉・越谷サンシティホールで開催され、各部門で筋肉美が競われた。アウトラインを重視するSBC部門のDUKEクラス(男子30~39歳)で1位に輝いた35歳の尾花優は、同部門の総合優勝にあたるChampion of The Showにも選ばれた。8月には交通事故で肋骨を2本折り、頸椎捻挫も患う大怪我を負ったが、11月の鎌倉予選でカムバック優勝。勢いそのままに日本大会も制した。「毎日意識していた」というライバルの存在と、優勝の重みについて聞いた。

――優勝おめでとうございます。涙も流していたが。

「ありがとうございます。感無量です。今回もそれに尽きます。DUKEクラスはレベルが凄く高いという噂があって、その中でもアッキーさんと呼んでいる(2位の)高橋秋裕選手と、(3位の)田中佑樹選手。田中選手は(予選の)鎌倉のときに一騎打ちした仲なので、そういう人たちの中で、一番を獲れたということがなにより自信になりましたし、彼らに敬意を表しています。誰が勝ってもおかしくない賞だったので、一番重い賞だと思っています。しっかり受け止めて、また精進して頑張っていきたいと思います」

――田中選手も減量で辛いときに尾花選手を思い浮かべて「負けていられないな」と頑張ったと話していた。

「僕も全く同じ状況でした。やっぱり大変だったので。1位を獲るとイメージしてやっていると思うので、その中で彼が絶対に乗り越えちゃうんだろうな、というイメージを持ちながらトレーニングに励んでいました。今回はちょっとした差だったとしか思っていないので、今までで一番重い賞だなと実感しています」

――次は重いプレッシャーを背負いながらの防衛戦に。

「そうですね。防衛なんて初めてなので。ただ、そういう気持ちは来年(2023年)クリアにして、ゼロからスタートすると決めています。今回が小学1年生、次は2年生に上がれた、というぐらいの気持ちで1年過ごしたいと思います。休んでしまうとまたやらなくなってしまうので、来年は色々と検討しながらやっていきたいと思います」

――この1か月はライバルを意識しながら過ごした。

「毎日ですね。毎日、意識していました。とにかくそれがないとやっていけなかったぐらいです。本当に感謝しています」

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集