[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「年齢に見えない」が活力 45歳でボディメイク開始、長島雅子が約束から生んだ筋肉美

今月行われた日本ボディビル・フィットネス連盟(JBBF)主催の「オールジャパン マスターズ フィットネスチャンピオンシップ」。ボディフィットネス55歳以上級では、58歳の長島雅子が優勝した。45歳から競技を始めたきっかけ、「究極のアンチエイジング」と表現する競技の魅力を教えてもらった。

ボディフィットネス55歳以上級で優勝し、ポーズをとる長島雅子【写真:中戸川知世】
ボディフィットネス55歳以上級で優勝し、ポーズをとる長島雅子【写真:中戸川知世】

オールジャパン マスターズ フィットネスチャンピオンシップ

 今月行われた日本ボディビル・フィットネス連盟(JBBF)主催の「オールジャパン マスターズ フィットネスチャンピオンシップ」。ボディフィットネス55歳以上級では、58歳の長島雅子が優勝した。45歳から競技を始めたきっかけ、「究極のアンチエイジング」と表現する競技の魅力を教えてもらった。

 ◇ ◇ ◇

――大会に臨むにあたり、トレーニングで気をつけていたことは。

「とにかくきっちりトレーニングする、重量もそこそこ扱うとか練習方法を考えて。後は、あまり(オフで)太らないように気を付けていました。減量がきつくなるとそっちにエネルギーを注ぐことになる。そうなると私は小柄なので、バルクが落ちてくるから、保つためにはそもそもの重量を上げつつトレーニングをやっていました」

――45歳から競技を開始。きっかけはありましたか。

「インストラクターをやっていたジムが閉館することになり、当時はお客様がすごく悲しんで、混乱していました。それで最後は目標を作ってお別れしようと言って、自分が掲げた目標、約束がこのコンテストに出ることでした。ボディメイクを始めた頃の身体は、ガリガリで細い感じ。今も体重は変わっていませんが、見た目はモリモリになりました」

――ボディメイクを始めてよかったと感じることを教えてください。

「同年代に比べると、いろんな人に綺麗だねとか、年齢に見えないよって言われるのは嬉しいです。究極のアンチエイジングだと思いますし、人生100年時代、まだまだこれから。楽しむためにやった結果、綺麗になれる競技だと発信していきたい」

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集