[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

金田久美子の記事一覧

  • 女子ゴルフの昨季No.1感動シーンが判明 「もらい泣き」「途中から涙」と当時から話題

    2023.01.13

    日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)が昨季、公式ツイッターで最も多くの「いいね」がつけられた投稿を発表。33歳・金田久美子(スタンレー電気)が、1988年のツアー施行後の最長ブランク優勝を決めた瞬間が選ばれた。涙のシーンは当時から「泣けたよ、泣けた」「ほんと長い道のりでしたね!」と話題になっていた。

  • 金田久美子、仲良し“サウナ友達”との着物2ショットに反響「2人とも似合いますね!」

    2022.12.25

    21日に都内のホテルで行われた日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)の2022年シーズン年間表彰式。今季活躍した選手たちは華やかにドレスアップして出席し、華やかに式典を彩った。JLPGAはセレモニーの舞台裏で撮られたオフショットを公開。「サウナ友達」でもあり、そろって着物姿で出席した金田久美子と脇元華の2ショット自撮り撮影に「2人とも着物が似合いますね!」などの声が上がった。

  • 金田久美子の着物が「でら似合いすぎ」と大好評 金髪と合わせ「ギャルから、いい女に」

    2022.12.23

    21日に都内のホテルで行われた日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)の2022年シーズン年間表彰式。今季活躍した選手たちは華やかにドレスアップして出席し、華やかに式典を彩った。11年189日ぶりの復活優勝を飾り、「ベストコメント賞」「敢闘賞」の2部門を受賞した金田久美子(スタンレー電気)は着物姿で出席し、「帯の柄も素敵」「ギャルから、いい女に」「でら似合いすぎです」とファンの反響を呼んだ。

  • 金田久美子「この見た目で色々大変なんです」 古風な着物姿でベストコメント賞受賞【JLPGA年間表彰式】

    2022.12.21

    日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)は21日、都内のホテルで2022年シーズンの年間表彰式を開催し、各部門の受賞者を発表した。今季活躍した選手たちは華やかにドレスアップして出席。山下美夢有(加賀電子)がポイントによる「年間最優秀選手賞」など史上最多タイの5冠に輝いた。11年189日ぶりの復活優勝を遂げた金田久美子(スタンレー電気)が「ベストコメント賞」「敢闘賞」の2冠を手にした。

  • 金田久美子が「めちゃビビってた笑」 脇元華も涙出たサプライズ優勝祝いに祝福殺到

    2022.11.16

    女子ゴルフの樋口久子 三菱電機レディスで11年ぶり優勝を飾った金田久美子(スタンレー電気)の優勝祝いが行われたことを仲の良い脇元華(GMOインターネットグループ)がインスタグラムで報告。脇元はサプライズで参加したといい、金田も「とにかくでらびっくりした」と名古屋弁で明かしている。

  • 金田久美子、腕に光る“新アイテム”に称賛の声「素晴らしい活動」「いい表情してる」

    2022.11.14

    女子ゴルフの金田久美子(スタンレー電気)が13日、「女性に対する暴力をなくす運動」への賛同を明かした。腕にパープルリボンバッチをつけた画像を公開。ファンからは「素敵な取組み」「私も賛同します」と称賛の声が寄せられた。

  • 復活Vの金田久美子が79歳父と交わした約束を告白 会場を「歩くためにスクワットを…」

    2022.11.10

    女子ゴルフ国内ツアー・伊藤園レディス(6741ヤード、パー72)が11日、千葉・グレートアイランドCで開幕する。前日10日は、前々週の樋口久子 三菱電機レディスで11年189日ぶりのツアー2勝目を飾った金田久美子(スタンレー電気)が取材対応した。1988年のツアー施行後、史上最長ブランク優勝に励まされた選手は多く、「私でも人に感動を与えられたんだ」と実感できたことがうれしかったと明かした。

  • 金田久美子のインスタが涙腺崩壊と話題 心を込めた1194文字に「この文章みて泣いてる」

    2022.11.02

    女子ゴルフの国内ツアー・樋口久子 三菱電機レディスで史上最長ブランクとなる優勝を飾った金田久美子(スタンレー電気)がインスタグラムを更新。大会を振り返った10枚の写真とともに、復活に至るまでの想いを込めた長文メッセージを掲載し、ファンの涙を誘っている。

  • 天才少女と呼ばれた金田久美子、33歳の復活V “もう一度、戦える体”を作った2人の存在

    2022.11.01

    女子ゴルフの国内ツアー・樋口久子 三菱電機レディス最終日(埼玉・武蔵丘GC)は10月30日、33歳・金田久美子(スタンレー電気)が11年189日ぶりにツアー2勝目を飾り、幕を閉じた。1988年のツアー施行後、最長ブランク優勝。その復活劇を支えたトレーナーは、ツアー通算6勝の天沼知恵子(IMPACT A BODY)と競泳のオリンピアンだった。天沼に、体作りのサポートをした経緯とオリンピアンとの出会いを聞いた。(取材・文=THE ANSWER編集部・柳田 通斉)

  • 涙の金田久美子、復活V直後に撮られた対照的な写真に反響「2枚目の写真、本当に素敵」

    2022.11.01

    女子ゴルフの国内ツアー・樋口久子 三菱電機レディス最終日(埼玉・武蔵丘GC)は33歳・金田久美子(スタンレー電気)の11年189日ぶり、1988年のツアー施行後の最長ブランク優勝で幕を閉じた。ドラマチックな涙の復活Vは「もらい泣きした」というファンが続出する感動の結末となったが、日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)は優勝後に撮られた対照的な2枚の写真を公開。「1枚目みてまた泣きそう」「2枚目の写真、本当に素敵」との声が寄せられた。

  • 敗れた川崎春花の「性格の良さが出ますね」 涙と金田久美子と敬意あふれるハグに反響

    2022.10.31

    女子ゴルフの国内ツアー・樋口久子 三菱電機レディスで2位となった川崎春花(村田製作所)がインスタグラムを更新。最後まで優勝争いを演じながら、惜しくも金田久美子(スタンレー電気)に2打差で敗れたが、「隙のないゴルフ、本当に圧巻でした!」「久美子さんのように応援されるゴルファーになりたい!」と敬意を示した。また、ラウンド後に交わしたハグの写真も掲載し、「とても敬意を払ってるなぁ」「性格の良さがでますね」との声が寄せられた。

  • “天才少女”金田久美子も陥ったスランプ 感覚頼りだったトッププロが理論に向き合う時

    2022.10.31

    女子ゴルフの国内ツアー・樋口久子 三菱電機レディス最終日(埼玉・武蔵丘GC)は30日、33歳・金田久美子(スタンレー電気)の11年189日ぶり、1988年のツアー施行後の最長ブランク優勝で幕を閉じた。深刻なスランプを乗り越えての2勝目だったが、会見では「感覚でゴルフをやっていたのに、感覚を失った時期もあった」と明かした。そして、さまざまなアドバイスを受けてきたという。世界ランキング日本勢最高位の畑岡奈紗(アビームコンサルティング)も、コーチのアドバイスで初めて知る「スイング理論」があったことも口にした。トッププロが「理論」に向き合うタイミングと理由について考察した。(取材・文=THE ANSWER編集部・柳田 通斉)

  • 金田久美子、復活Vの裏で「このショットは凄かった」と話題 2位選手も「トドメの一打」

    2022.10.31

    女子ゴルフの国内ツアー・樋口久子 三菱電機レディス最終日が30日に埼玉・武蔵丘GC(6650ヤード、パー72)で行われた。33歳・金田久美子(スタンレー電気)が通算9アンダーで逃げ切りV。2011月5月のフジサンケイレディス以来11年189日ぶり、1988年のツアー施行後の最長ブランクで通算2勝目を飾った。4バーディー、4ボギーと苦しんだラウンドだったが、優勝を決定づけたのは17番パー4のスーパーショット。2位の川崎春花(村田製作所)も「トドメの一打を打たれた」と脱帽した一打を日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)が紹介すると、ファンからも「この17Hのショットは凄かった」との声が寄せられた。

  • 金田久美子、涙の優勝スピーチに感動の嵐 15秒間の沈黙に「これは、くるなぁ…」

    2022.10.31

    女子ゴルフの国内ツアー・樋口久子 三菱電機レディス最終日が30日に埼玉・武蔵丘GC(6650ヤード、パー72)で行われた。33歳・金田久美子(スタンレー電気)が通算9アンダーで逃げ切りV。2011月5月のフジサンケイレディス以来11年189日ぶり、1988年のツアー施行後の最長ブランクで通算2勝目を飾った。表彰式の優勝スピーチでは感極まり、15秒間声を詰まらせる場面も。日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)が投稿した動画にも「これは、くるなぁ…」との声が寄せられた。

  • 金田久美子、復活Vの裏に父との絆 79歳、会場に姿なく「これでもっと元気になって」

    2022.10.31

    女子ゴルフの国内ツアー・樋口久子 三菱電機レディス最終日が30日に埼玉・武蔵丘GC(6650ヤード、パー72)で行われた。2位に3打差の首位で出た33歳・金田久美子(スタンレー電気)が4バーディー、4ボギーの72で回り、通算9アンダーで逃げ切りV。2011月5月のフジサンケイレディス以来11年189日ぶり、1988年のツアー施行後の最長ブランク優勝で、待望の通算2勝目を飾った。しかし、会場には幼い頃からゴルフを教えてきた父・弘吉さんの姿はなかった。金田は会見で、その理由と父への思いも語った。

  • 金田久美子に「今季の優勝シーンで一番感動」 あふれた涙にもらい泣きのファンが続出

    2022.10.30

    女子ゴルフの国内ツアー・樋口久子 三菱電機レディス最終日が30日に埼玉・武蔵丘GC(6650ヤード、パー72)で行われた。3打差の首位で出た33歳・金田久美子(スタンレー電気)が4バーディー、4ボギーの72で回り、通算9アンダーで逃げ切りV。2011月5月のフジサンケイレディス以来11年189日ぶり、1988年のツアー施行後の最長ブランク優勝で通算2勝目を飾った。優勝の瞬間は涙をこぼしたキンクミ。日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)が紹介した動画にはもらい泣きするファンが続出した。

  • 「あなた、目の周り真っ黒よ」 金田久美子、メイクを叱ってくれた“恩人”樋口久子との裏話

    2022.10.30

    女子ゴルフの国内ツアー・樋口久子 三菱電機レディス最終日が30日に埼玉・武蔵丘GC(6650ヤード、パー72)で行われた。2位に3打差の首位で出た33歳・金田久美子(スタンレー電気)が4バーディー、4ボギーの72で回り、通算9アンダーで逃げ切りV。2011月5月のフジサンケイレディス以来11年189日ぶり、1988年のツアー施行後の最長ブランク優勝で、待望の通算2勝目を飾った。その姿に、大会名誉会長で日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)の樋口久子顧問も涙を流した。金田も「中学時代からよく樋口さんに叱られていました」と言い、「まさか、樋口さんの大会で勝てるなんて」と感激の言葉を並べた。

  • 「ゴルフ場を見ると涙が出て吐いて…」 金田久美子が壮絶なスランプ時代の苦悩を告白

    2022.10.30

    女子ゴルフの国内ツアー・樋口久子 三菱電機レディス最終日が30日に埼玉・武蔵丘GC(6650ヤード、パー72)で行われた。2位に3打差の首位で出た33歳・金田久美子(スタンレー電気)が4バーディー、4ボギーの72で回り、通算9アンダーで逃げ切りV。2011月5月のフジサンケイレディス以来11年189日ぶり、1988年のツアー施行後の最長ブランク優勝で、待望の通算2勝目を飾った。会見では、深刻なスランプに陥り、ゴルフ場を見ただけで涙を流し、嘔吐していたことなどを明かした。2位は通算7アンダーの川崎春花。5か月ぶりに国内参戦した渋野日向子(サントリー)は、通算3アンダーで9位だった。(取材・文=THE ANSWER編集部・柳田 通斉)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集