[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

フィットネスの記事一覧

  • 「1人だけ真っ白で寸胴…」人生を変えた“暇つぶし” ビキニもヒールも知らなかった初心者が一変

    2024.04.10

    昨年12月に東京・TFTホールで開催された“夏が一番似合う男性・女性”を決めるボディコンテスト「SUMMER STYLE AWARD(サマー・スタイル・アワード、以下サマスタ)」のROOKIE CHALLENGE CUP FINAL。前年度ビキニモデル部門女王の32歳・古田智香は、ベティ部門に挑戦し準優勝だった。暇つぶしで始めたトレーニングで変わった人生について聞いた。

  • 「何一つ諦めない女性の生き方を提唱したい」 家事育児、仕事に遊び、全てに全力で生きる46歳の自負

    2024.03.12

    昨年12月に東京・TFTホールで開催された“夏が一番似合う男性・女性”を決めるボディコンテスト「SUMMER STYLE AWARD(サマー・スタイル・アワード)」のNOVICE(アマチュア決勝)大会。46歳の菅原櫻子はビューティーフィットネスモデル部門トールクラス(161センチ以上)で準優勝に輝いた。子育てしながら個人事業主として活躍。女性のキャリア論を専門とするコンサルタントとして、「何一つ諦めない女性の生き方」を自ら体現する。

  • R-1グランプリにも出場した元五輪代表候補「熱い男あつし」 筋トレは「究極のアンチエイジング」

    2024.03.12

    昨年12月に東京・TFTホールで開催された“夏が一番似合う男性・女性”を決めるボディコンテスト「SUMMER STYLE AWARD(サマー・スタイル・アワード)」のJAPAN PRO GRAND PRIX。プロ資格を持つ肉体美自慢が全国から集結し、38歳の上野あつしはスポーツモデル部門ショートクラス(170センチ以下)で4位入賞だった。芸名「熱い男あつし」でR-1グランプリに出場したこともある元ウインドサーフィンの五輪代表候補。盛り上げ隊長を自認する“ホットマン”にトレーニングの魅力を聞いた。

  • 脚トレの日は「歩いて帰れたら失敗」 鼻血を出すことも…酒もタバコも断った最強公務員の体づくり

    2024.02.12

    “夏が一番似合う男性・女性”を決めるボディコンテスト「SUMMER STYLE AWARD(サマー・スタイル・アワード)」のJAPAN PRO GRAND PRIXが昨年12月10日、東京・TFTホールで開催され、プロ資格を持つ肉体美自慢が全国から集結した。クラシックスポーツ部門では33歳の公務員・近藤孝仁が優勝。以前はコンプレックスだった太い脚も、コンテストでは大きな武器に。「歩いて帰れたら失敗」という気持ちで積み重ねた下半身トレーニングの成果をステージの真ん中で披露した。

  • 24歳栄養士の自慢はVシェイプ ネガティブ思考も一変、「なりたい自分」へ終わりなき筋トレの道

    2024.02.06

    “夏が一番似合う男性・女性”を決めるボディコンテスト「SUMMER STYLE AWARD(サマー・スタイル・アワード)」のJAPAN PRO GRAND PRIXが昨年12月10日、東京・TFTホールで開催され、プロ資格を持つ肉体美自慢が全国から集結した。ビューティーフィットネスモデル部門ショートクラス(161センチ未満)では栄養士の小川涼花が準優勝。ダイエット目的でトレーニングを始めてから美意識や健康意識も変わったという24歳は、「なりたい自分」に向かって走り続けている。

  • 運動嫌いだった消防士を変えた一言 ひょろひょろボディも生活も激変させた「筋トレしようぜ」

    2024.02.05

    “夏が一番似合う男性・女性”を決めるボディコンテスト「SUMMER STYLE AWARD(サマー・スタイル・アワード)」のNOVICE(アマチュア決勝)大会が昨年12月10日、東京・TFTホールで開催され、予選を勝ち抜いた肉体美自慢が全国から集結した。スポーツモデル部門では福田拓海が25歳の準優勝。運動嫌いだった消防士が大会に出場するまでに至った経緯を聞いた。

  • 適応障害で3か月寝たきり状態 「何だこの体は?」鏡に映った自分の姿に受けた衝撃から日本一に

    2024.02.03

    “夏が一番似合う男性・女性”を決めるボディコンテスト「SUMMER STYLE AWARD(サマー・スタイル・アワード、以下SSA)」の決勝大会が昨年12月9日、東京・TFTホールで開催され、予選を勝ち抜いた肉体美自慢が全国から集結した。ドレス部門では32歳のHitomiが優勝。翌日に同会場で開催されたNOVICE大会のビューティーフィットネスモデル部門トールクラス(161センチ以上)も制し、2冠に輝いた。適応障害と躁うつ病で3か月ほど寝たきり状態だった日々から1年半、誰にも負けない笑顔を輝かせるまでに至る経緯を聞いた。(取材・文=THE ANSWER編集部・鉾久真大)

  • 普通のおじさんなら「ビール飲んで、もういいやと…」 最強腹斜筋の48歳が誘うボディメイクの世界

    2024.01.31

    “夏が一番似合う男性・女性”を決めるボディコンテスト「SUMMER STYLE AWARD(サマー・スタイル・アワード)」の決勝大会が12月9日、東京・TFTホールで開催され、予選を勝ち抜いた肉体美自慢が全国から集結した。スポーツモデル部門マスターズ(37歳以上)ではパーソナルトレーナーの佐藤晃一が優勝。腹斜筋自慢の48歳は「この歳になっても熱くなれる。みんなやったらいいのに」とボディメイクの楽しさを力説した。

  • 「ちょっと痩せてみよう」25kg減→日本一 ダイエットで覚醒した不動産会社員は夜9時から週5トレ

    2024.01.30

    “夏が一番似合う男性・女性”を決めるボディコンテスト「SUMMER STYLE AWARD(サマー・スタイル・アワード)」のROOKIE CHALLENGE CUP FINALとFINALが昨年12月9日、東京・TFTホールで開催され、各部門で筋肉美が競われた。サーフモデル部門では仲海人が優勝。不動産建築業界で働く25歳がトレーニングを始めたきっかけはダイエットだったといい、25キロの減量と日本一を達成した。

  • お酒を飲む時間→筋トレする時間に充てて健康的に 運動嫌いだった38歳女性の人生を変えた“趣味”

    2024.01.29

    “夏が一番似合う男性・女性”を決めるボディコンテスト「SUMMER STYLE AWARD(サマー・スタイル・アワード)」のROOKIE CHALLENGE CUPの決勝大会が昨年12月9日、東京・TFTホールで開催された。ルーキービキニモデル部門では井藤百合が準優勝。普段はWebデザイナーのマネジメント業務を行う38歳。ダイエットをきっかけに始めたトレーニングで変化した人生について聞いた。

  • 膠原病と闘う37歳サロン経営者がビキニ日本一 人工透析も宣告、苦しみながらも挑戦を続ける理由

    2024.01.28

    “夏が一番似合う男性・女性”を決めるボディコンテスト「SUMMER STYLE AWARD(サマー・スタイル・アワード)」のROOKIE CHALLENGE CUP FINALとFINALが昨年12月9日、東京・TFTホールで開催され、各部門で筋肉美が競われた。ビキニモデル部門のマスターズ(37歳以上)では尾高友里恵が優勝。「普通の人と同じようにトレーニングの世界で闘いたい」。重い膠原病を患いながらもトレーニングをする苦労や、挑戦を続ける理由を聞いた。

  • 胸トレでバストG→Iカップに 16時間夜勤こなす介護士は体重70kgから激変、特注ウシ柄ビキニで度肝

    2024.01.28

    “夏が一番似合う男性・女性”を決めるボディコンテスト「SUMMER STYLE AWARD(サマー・スタイル・アワード)」の決勝大会とROOKIE CHALLENGE CUP決勝大会が昨年12月9日、東京・TFTホールで開催された。ひと際目立ったのは、ルーキーフィットネスモデル部門で4位入賞した牛山うし子だ。ビキニモデル部門やドレス部門にも出場。抜群のプロポーションとド派手な牛柄の衣装で注目を集めた。トレーニングを始めて感じた変化や、牛柄のビキニやレギンスを着用して大会に臨んだ理由を聞いた。

  • 「筋肉先生」と呼ばれる現役教員が鍛える理由 忙しくても生徒と教職志願者に「挑戦し続ける姿を」

    2024.01.14

    “夏が一番似合う男性・女性”を決めるボディコンテスト「SUMMER STYLE AWARD(サマー・スタイル・アワード)」の決勝大会が12月9日、東京・TFTホールで開催され、予選を勝ち抜いた肉体美自慢が全国から集結した。スタイリッシュガイ部門ショート(170センチ以下)クラスでは中辻大樹が優勝。同日に行われたROOKIE CHALLENGE CUPの同部門との2冠に輝いた。普段は教員として働く「筋肉先生」は、挑戦し続ける姿を生徒に見せたいという思いでステージに立った。

  • ビキニを一度も着ずに「一生終えるのはもったいない」 40歳過ぎて人生変えたアラフィフ女性の転機

    2024.01.12

    “夏が一番似合う男性・女性”を決めるボディコンテスト「SUMMER STYLE AWARD(サマー・スタイル・アワード)」の決勝大会が12月9日、東京・TFTホールで開催され、予選を勝ち抜いた肉体美自慢が全国から集結した。女子スポーツモデル部門では、48歳の小澤綾子が優勝。ビキニを一度も着たことがないまま40歳を過ぎ、「このまま一生終えるのはちょっともったいないな」と思い立って新しい世界に飛び込んだ。

  • 客席が「断トツ!」と叫んだ大腿四頭筋 17kg絞った会社員が日本一、飲み屋選びには同僚からの配慮

    2024.01.11

    “夏が一番似合う男性・女性”を決めるボディコンテスト「SUMMER STYLE AWARD(サマー・スタイル・アワード)」の決勝大会が12月9日、東京・TFTホールで開催され、予選を勝ち抜いた肉体美自慢が全国から集結した。スタイリッシュガイ部門のミドルクラス(身長170~176センチ)では26歳の浜崎慧が優勝。客席からも「ダントツ」と絶賛の声が飛んだ自慢の大腿四頭筋を武器に、同部門のオーバーオール(総合優勝)にも輝いた。会社の人たちも日頃から応援。飲み会を開くときも「ささみがある店にしよう」などと配慮してくれたという。

  • 半年で15kg絞った体脂肪率5%ボディ タイヤ営業マンが筋トレから学び、仕事も成長させた習慣化

    2024.01.11

    “夏が一番似合う男性・女性”を決めるボディコンテスト「SUMMER STYLE AWARD(サマー・スタイル・アワード)」のROOKIE CHALLENGE CUP決勝大会が12月9日、東京・TFTホールで開催され、予選を勝ち抜いた肉体美自慢が全国から集結した。スポーツモデル部門では堂谷航が優勝。タイヤの営業をしている29歳は、筋トレと仕事の間に共通点を見い出し、職場からも「成長したな」と評価を受けている。

  • くびれ自慢の25歳ビキニ女王に「人生の挫折」 部活で大怪我→手術、やがてボディメイクの虜に

    2024.01.11

    “夏が一番似合う男性・女性”を決めるボディコンテスト「SUMMER STYLE AWARD(サマー・スタイル・アワード)」の決勝大会が12月9日、東京・TFTホールで開催され、予選を勝ち抜いた肉体美自慢が全国から集結した。ビキニモデル部門トールクラス(身長161センチ以上)では、25歳の角田琉奈が優勝。自慢のくびれで同部門のオーバーオール(総合優勝)にも輝いた。高校の部活で前十字靭帯を断裂する「人生の中の挫折」を経験。大怪我をきっかけにトレーニングに目覚め、日本一まで辿り着いた。

  • 航空会社勤務の27歳女性、美ボディの目覚めとは ぷっくり体型に別れ、体づくりで「感性が豊かに」

    2024.01.10

    “夏が一番似合う男性・女性”を決めるボディコンテスト「SUMMER STYLE AWARD(サマー・スタイル・アワード)」のROOKIE CHALLENGE CUP決勝大会が12月9日、東京・TFTホールで開催され、予選を勝ち抜いた肉体美自慢が全国から集結した。ビューティーフィットネス部門では、航空会社で働く27歳の赤西麗美が優勝。デビュー戦となった4月の予選大会でいきなり総合優勝に輝き、プロ契約を結んだ大型ルーキーにトレーニングを始めたきっかけや魅力を聞いた。

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集