[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【第4節名場面】トヨタ自動車、開始10秒の“電撃キックオフトライ”に会場どよめき

ラグビーのトップリーグ(TL)は第4節8試合が1日、2日に行われ、今節も数々の名場面が生まれた。そんな中から、今回はトヨタ自動車の一戦をピックアップ。1日にHondaを58-29で下して2連勝を飾った一戦、後半開始わずか10秒でWTBヘンリー・ジェイミーが“キックオフトライ”を決めた。

ヘンリー・ジェイミー【写真:Getty Images】
ヘンリー・ジェイミー【写真:Getty Images】

ジェイミーはNZ出身で2016年に日本に帰化、今季4試合7トライと好調

 ラグビーのトップリーグ(TL)は第4節8試合が1日、2日に行われ、今節も数々の名場面が生まれた。そんな中から、今回はトヨタ自動車の一戦をピックアップ。1日にHondaを58-29で下して2連勝を飾った一戦、後半開始わずか10秒でWTBヘンリー・ジェイミーが“キックオフトライ”を決めた。

【PR】トップリーグは「DAZN」で見られる! リーチ、稲垣、姫野ら、W杯戦士もズラリ… 今なら初月無料キャンペーン実施中!

 一瞬の出来事だった。17-8とリードして迎えたトヨタ自動車。後半開始のキックオフで蹴り上げたボールを、敵陣22メートルライン手前で相手がキャッチミス。前に落としたところをジェイミーがすかさず拾い上げると、そのままぐんぐん加速した。左サイドを駆け上がり、左手一本で楽々トライをゲット。味方に投げキスをするなど、電光石火の一撃に笑顔で喜んだ。開始わずか10秒の“キックオフトライ”で、パロマ瑞穂は歓声とどよめきに包まれた。

 勢いに乗ったジェイミーは後半9分にもトライ。後半31分には相手のパスに飛びついてインターセプトし、LOジェイソン・ジェンキンスのトライをアシストするなど躍動した。ハットトリックのかかった後半40分には、自身がトライを決められる状況の中で、最後はCTBバティリアイ・ツイドラキにパスし、今季初トライをプレゼントした。

 ニュージーランド出身で2016年に日本に帰化。日本代表キャップ経験もある男は、今季は4試合で7トライをマークするなど、好調をキープしている。同僚で昨秋のW杯日本代表NO8姫野和樹が注目されるが、負けない存在感を放った。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集