[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

稲垣啓太、次戦は2週後ではない 休養日に必要な“もう一つの仕事”「彼らのために」

ラグビーのトップリーグ(TL)第4節は2日、キヤノン―パナソニック戦が東京・町田GIONスタジアムで行われ、パナソニックが51-17で開幕4連勝。開始3分にHO坂手淳史の退場で1人少ない状況だったが、7トライの猛攻で首位を堅守した。第5節の東芝戦は15日。次週は試合がないが、PR稲垣啓太は休養週に行う“もう一つの仕事”を強調した。

最前線で体を張るパナソニック・稲垣啓太【写真:宮内宏哉】
最前線で体を張るパナソニック・稲垣啓太【写真:宮内宏哉】

稲垣啓太は休養週も控え組の練習試合をサポート「彼らにいい準備を」

 ラグビーのトップリーグ(TL)第4節は2日、キヤノン―パナソニック戦が東京・町田GIONスタジアムで行われ、パナソニックが51-17で開幕4連勝。開始3分にHO坂手淳史の退場で1人少ない状況だったが、7トライの猛攻で首位を堅守した。第5節の東芝戦は15日。次週は試合がないが、PR稲垣啓太は休養週に行う“もう一つの仕事”を強調した。

【PR】トップリーグは「DAZN」で見られる! リーチ、稲垣、姫野ら、W杯戦士もズラリ… 今なら初月無料キャンペーン実施中!

 どこまでもONE TEAMを貫いている。試合後、テレビカメラに囲まれた稲垣は、2週間後の東芝戦に向けてチームでやるべきことを問われてこう口を開いた。

「まず次の試合に向けて我々は1週間挟むんですけども、練習試合があるんですよ。トレーニングマッチが。今まで僕らのことを強くするために送り出してくれていたメンバー外の選手がそこで試合に出るので、まずは彼らのサポートをしっかりやっていきたいですね。それが終わってから、またさらに新しい試合(東芝戦)がありますから、そこに向けてしっかり照準を合わせていきたいですね」

 チームにとって、次の試合は東芝戦ではない。公式戦のない週に挟むメンバー外の練習試合が“次戦”だった。開幕4連勝、全試合で3トライ差以上をつけてボーナスポイントを獲得。好スタートの裏には、ベンチ入りできる23枚のジャージを着られない選手の存在があった。稲垣は体力の回復に努めつつ、彼らへの感謝の気持ちを行動で示すつもりだ。

「(3日から)まずは何をやらなきゃいけないか。トレーニングマッチがありますから。今まで僕らのことを試合に送り出してくれたメンバー外の選手が非常にいい準備をしてくれている。そういったメンバー外の選手の練習も本当に強かったですね。対戦相手よりも強かったんじゃないかと思うシーンもありましたし。来週彼らの試合があるので、彼らのためにもいい準備をさせてあげたいですね」

 対戦相手のアタック、ラインアウトなどのまねをして練習相手を務めてくれる。すぐにできることではなく、相手を映像で研究する時間が必要だ。レギュラーを奪うため、自分の練習だってやらなければならない。長いシーズン、彼らの存在こそが4季ぶりの優勝を目指すパナソニックの鍵になると稲垣は言う。

「チームとして勝ち上がっていくためには、やっぱりそういったメンバー外の選手の強化が必要不可欠だと思います。本当に一緒に練習していて、凄く強いんですよ。何本も抜かれますしね。そういったことが彼らの刺激にもなるでしょうし、僕らも彼らに追い越されないように刺激をもらってラグビーをやっています。非常にいいライバル関係というか、いい刺激を与え合ってトレーニングができていると感じますね」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集