[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

稲垣啓太「負けるビジョン見えなかった」 14人で圧倒パナソニック、最強V3時代を彷彿

ラグビーのトップリーグ(TL)第4節は2日、キヤノン―パナソニック戦が東京・町田GIONスタジアムで行われ、パナソニックが51-17で開幕4連勝を飾った。昨秋のワールドカップ(W杯)日本代表では、パナソニックはPR稲垣啓太、HO坂手淳史、SO松田力也、キヤノンはSH田中史朗、SO田村優が先発。パナソニックは開始直後に坂手が一発退場となったが、1人少ない状況で首位を守り、稲垣は「負けるビジョン見えなかった」と振り返った。

パナソニック・稲垣啓太【写真:宮内宏哉】
パナソニック・稲垣啓太【写真:宮内宏哉】

パナソニックは開始3分で1人退場、7トライでキヤノン圧倒

ラグビーのトップリーグ(TL)第4節は2日、キヤノン―パナソニック戦が東京・町田GIONスタジアムで行われ、パナソニックが51-17で開幕4連勝を飾った。昨秋のワールドカップ(W杯)日本代表では、パナソニックはPR稲垣啓太、HO坂手淳史、SO松田力也、キヤノンはSH田中史朗、SO田村優が先発。パナソニックは開始直後に坂手が一発退場となったが、1人少ない状況で首位を守り、稲垣は「負けるビジョン見えなかった」と振り返った。

【PR】トップリーグは「DAZN」で見られる! リーチ、稲垣、姫野ら、W杯戦士もズラリ… 今なら初月無料キャンペーン実施中!

 パナソニックがいきなり苦境に立たされた。ボールを持った坂手が、タックルに来た相手の顎付近に肘打ちをし、危険とみなされて一発レッド。主将の退場に場内からどよめきが起き、開始3分で1人少ない状況に追い込まれた。先制トライを許したが、そこから底力を発揮した。

 10分にCTBディラン・ライリーのオフロードパスからCTBダミアン・デアリエンディがゴール右にトライ。松田がコンバージョンを決めて7-5と逆転した。16分にはFLベン・ガンターに代えて堀江翔太を投入。10-10の35分には、フィールド中央でボールを持ち出した堀江がパスをつなぎ、ボールを持った松田がスペースに走り込んで約20メートルゲイン。ボールを受けたライリーがゴール目前で出したパスは、誰にもつながらなかったが、こぼれたボールをSH内田啓介が拾ってトライを決めた。

 徐々に点差を広げて22-10で後半へ。後半も3トライを奪い、今季全4戦で3トライ差以上の勝利に与えられるボーナスポイントを獲得。勝ち点5を重ねて計20の単独首位を守った。

 稲垣は「1人少なくなったのは想定外。でも、想定外とはいえ練習もしてきた。求められるのは一人一人の仕事。負けるビジョンは全く見えなかった。一人一人が仕事を遂行できている」と胸を張った。チームリーダーの堀江が入ったことで落ち着きがさらに増した。稲垣は堀江とともにチーム全体に声かけ。「1人少なくなってもやることは変わらない。1人少ない分、仕事量を高める。それがハマった」と振り返った。

 チームに入団して7年目。2013-14年シーズンから3連覇した時の強さを彷彿とさせたという。

「僕は一番強い時代を知っている。今日はその時の絶対に負けないだろうという雰囲気を感じた。『一人減っても問題ないでしょ』『減ったから何?』というようなものを試合中に感じた。昔と今で比べられるものではないですけどね。3連覇した時は本当に負ける気がしなかった。調子に乗っているというわけではなく、4試合やるべきことをやった」

 4季ぶりの優勝へ好調を維持。第5節はパナソニックが同じ4連勝中の東芝と15日に熊谷ラグビー場で激突する。リーチ・マイケル擁するチームとの対戦だが「自分たちはこれが最高潮ではない。相手に特別な意識はないし、やるべきことをやるだけ。1試合も緩まないようにやりたい」と気を引き締めた。

(THE ANSWER編集部・浜田 洋平 / Yohei Hamada)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集