[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ウェールズ得点に対戦相手の米国クラブが歓喜 米笑撃「応援しないの?」「酷い」

サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は21日(日本時間22日)、B組で64年ぶり2度目の出場となったウェールズが米国に1-1で引き分けた。ガレス・ベイルの同点PK直後、所属する米メジャーリーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルスFCはベイルの画像付きで歓喜の投稿。しかし、対戦国の米ファンから「応援していないの?」「中の人は大胆なヤツだ」とブーイングを浴びてしまった。

米国戦でゴールを決めたウェールズ代表のガレス・ベイル【写真:ロイター】
米国戦でゴールを決めたウェールズ代表のガレス・ベイル【写真:ロイター】

カタールW杯・B組 米国―ウェールズ戦

 サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は21日(日本時間22日)、B組で64年ぶり2度目の出場となったウェールズが米国に1-1で引き分けた。ガレス・ベイルの同点PK直後、所属する米メジャーリーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルスFCはベイルの画像付きで歓喜の投稿。しかし、対戦国の米ファンから「応援していないの?」「中の人は大胆なヤツだ」とブーイングを浴びてしまった。

 複雑な立場だった。0-1の後半37分、ウェールズのベイルがPKを担当。ネット裏で母国のサポーターが祈る中、豪快に突き刺した。同点でサポーターとともに大興奮。64年ぶりの得点でW杯の興奮を味わい、勝ち点1をもぎ取った。

 歓喜を表現したのは、ウェールズだけではなかった。ロサンゼルスFCは公式ツイッターにベイルの画像を投稿。「ベーーーイル!!!」とウェールズ国旗の絵文字付きで興奮を伝えた。しかし、当然ゴールを奪われたのは米国。コメント欄には、米ファンからブーイングや笑撃を受けた様子の声が上がった。

「ブーー」
「今はダメ」
「米国を応援していないってコト?」
「米国のクラブがこれを投稿するなんて……酷い」
「(笑)」
「空気を読めよ」
「恥ずかしい」
「国よりもコミュニティ。レッツゴーベイル! レッツゴーLAFC!」
「中の人は本当に大胆なヤツだ」

 同アカウントは2分後、返信欄に口のない絵文字をツイート。反省を示したのか、米ファンからは「爆笑」「いいアカウントだ」「ハハハハ」「これは傑作」と反響が集まった。ちなみにウェールズは前回出場した1958年はベスト8だった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集