[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ロマチェンコ、4団体統一へ 22歳の超新星ロペスと来年4月の対戦に合意と米報道

ボクシングの3団体世界ライト級王者のワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)が4団体統一へ向けて、来年4月にIBF同級王者のテオフィモ・ロペス(米国)との対戦に向けて合意したことが明らかになった。米専門メディア「ボクシングニュース24」が報じている。

ワシル・ロマチェンコ(左)とテオフィモ・ロペス(右)【写真:Getty Images】
ワシル・ロマチェンコ(左)とテオフィモ・ロペス(右)【写真:Getty Images】

デビュー15連勝の超新星ロペスとのマッチアップは必見

 ボクシングの3団体世界ライト級王者のワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)が4団体統一へ向けて、来年4月にIBF同級王者のテオフィモ・ロペス(米国)との対戦に向けて合意したことが明らかになった。米専門メディア「ボクシングニュース24」が報じている。

【特集】若き天才ジャンパーはなぜ飛躍したのか 快挙の裏にあったメンタルの成長 / 男子スキージャンプ・小林陵侑インタビュー(GROWINGへ)

 世界最速の3階級制覇王者で、現在米リング誌のパウンド・フォー・パウンド(PFP)で2位のロマチェンコ。次戦の相手は、今月、IBFの王座を獲得したばかりの22歳の新星ロペスに決まりそうだ。

 記事によると、ロマチェンコは4月にロペスと対戦することに「合意」したとコメントしている。両者はともにトップランク社がプロモートする選手で、共に対戦に前向きだという。

 ロペスは今月14日に王者リチャード・コミー(ガーナ)を2回でKO。デビューから15連勝でIBFのベルトを手にした。この一戦をロマチェンコもリングサイドで観戦。試合後にロマチェンコは「彼は今世界王者となった、そして自分の所へ迎え入れ4月に会いたいね」と4本のベルトをかけた統一戦に意欲を示していた。

 4月25日には世界バンタム級2団体王者・井上尚弥(大橋)も米ラスベガスでWBO王者ジョンリル・カシメロか、WBC王者ノルディ・ウーバーリ(フランス)と統一戦を行うことが有力。ビッグマッチが目白押しの来春が今から待ち遠しい。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集