[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

紀平梨花の初Vか 全日本女子、米メディアが「最も予想外の勢力」に推した選手は?

フィギュアスケートの全日本選手権は19日に開幕する。米国の名物記者ジャッキー・ウォン氏が運営するブログメディア「ロッカースケーティング」は男女の展望を展開し、女子では紀平梨花(関大KFSC)を本命に推薦。一方で、3人の選手をライバル候補に指名している。

紀平梨花【写真:Getty Images】
紀平梨花【写真:Getty Images】

米メディアが展望、順位予想は1位紀平、2位宮原、3位坂本

 フィギュアスケートの全日本選手権は19日に開幕する。米国の名物記者ジャッキー・ウォン氏が運営するブログメディア「ロッカースケーティング」は男女の展望を展開し、女子では紀平梨花(関大KFSC)を本命に推薦。一方で、3人の選手をライバル候補に指名している。

【特集】一瞬で恋に落ちた新体操、その魅力「1回見たら好きになってもらえる」 / 新体操・畠山愛理インタビュー(GROWINGへ)

 誰が全日本女王に輝くのか。記事では「紀平梨花が金メダル最有力候補」と紹介。「2年前の銅メダル、去年の銀メダルに続き、全メダル制覇へとつながる」と1つ順位を上げてきた17歳が今大会で金メダルを獲得し、過去2大会と合わせて3色のメダルを揃えると予想した。一方で「表彰台以上のポテンシャルを持った3人がいる」とし、ライバルも挙げた。

 まずは昨年覇者の坂本花織。2位に入って平昌五輪代表の座を掴み、「大きな飛躍を見せた」と振り返り、昨年は優勝候補だった紀平らを破って初優勝を果たした。今季についてはショートプログラム(SP)に課題があり、苦しんでいるとも紹介。「彼女の今週の成功はそれ(SP)にかかっている」と指摘した。

 さらに、挙げたのは宮原知子。昨年こそ3位だったが、その前年まで4連覇している実績を紹介した。今季はトロントへ拠点を移し、技術を磨いているが、今季はグランプリ(GP)ファイナル進出を逃した。「コーチングは時間のかかるものであり、それを彼女の不安定なシーズンが物語っている」と分析している。

 上記の2人を挙げた一方で「しかし、一番の予想外の勢力は……」と続け、名前を挙げたのが、樋口新葉だ。昨季は不振に喘いだが、今季は復調気配。練習では3回転アクセルに成功している。「今週彼女は100%に回復できないだろうが、今大会のサプライズになるかもしれない」と18年世界選手権銀メダリストに期待を込めた。

 他にも横井ゆは菜、山下真瑚、本田真凜らの名前を挙げ、順位予想では優勝が紀平、2位が宮原、3位が坂本とされた。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集