[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

阿部詩「情けなくて悔しい」 準Vで五輪内定ならず号泣「神様からの試練と思って」

東京五輪代表選考会の一つとなっている柔道グランドスラム(GS)大阪大会の第1日が22日、丸善インテックアリーナ大阪で行われ、世界選手権2連覇中の女子52キロ級・阿部詩(日体大)が、決勝で世界ランク1位のアマンディーヌ・ブシャール(フランス)に敗れ、大会3連覇を逃した。優勝すれば初の五輪出場内定の可能性があったが、2月以降に持ち越しとなった。

阿部詩は大会3連覇を逃した【写真:Getty Images】
阿部詩は大会3連覇を逃した【写真:Getty Images】

延長3分40秒で技あり奪われ敗戦、畳から降りられず涙ぬぐう

 東京五輪代表選考会の一つとなっている柔道グランドスラム(GS)大阪大会の第1日が22日、丸善インテックアリーナ大阪で行われ、世界選手権2連覇中の女子52キロ級・阿部詩(日体大)が、決勝で世界ランク1位のアマンディーヌ・ブシャール(フランス)に敗れ、大会3連覇を逃した。優勝すれば初の五輪出場内定の可能性があったが、2月以降に持ち越しとなった。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 兄・一二三の優勝から約20分。詩も優勝を目指して戦い抜いた。4分では決着がつかず、ゴールデンスコア方式の延長に突入し、2分過ぎ、相手の投げ技に詩の体が浮く。観客から悲鳴が上がったが、技は決まらなかった。迎えた延長3分40秒。ブシャールに肩車をかけられ技あり。勝敗が決した。相手が渾身のガッツポーズをする横で審判を茫然と見つめた。礼を終えると、両手を膝につく。中々畳から降りられず、涙をぬぐった。

 涙が止まらなかった詩は、試合後のインタビューで「自分の情けなさと……悔しい気分です」と肩を落とした。涙の理由を問われると、「最後まで戦い抜こうと心に決めて挑んだ大会だった。お兄ちゃんがしっかり勝って、自分もやってやろうと思っていたんですが、最後の最後に甘さというか……」と力なく振り返った。

 五輪は男女7階級で出場権は各階級1人。日本代表の選考は3段階あり、一つは8月の世界選手権優勝者が今大会を制し、試合後に行われる全柔連強化委員会で出席者の3分の2以上が賛成すれば内定する。今夏の世界選手権を制した阿部は優勝すれば、内定する可能性があった。準決勝でライバルの志々目愛(了徳寺大職)を下していたが、決勝で敗れる結果となった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集