[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

フェデラー、世界70位の19歳にフルセット大苦戦 今季3冠へヒヤヒヤの初戦突破

テニスの全米オープンは29日(日本時間30日)、男子シングルス1回戦でロジャー・フェデラー(スイス)が世界ランク70位の19歳、フランシス・ティアフォー(米国)をフルセットの末に3-2で破り、2回戦に駒を進めた。

全米OP1回戦、17歳年下の地元ティアフォーに3-2で勝利、2回戦進出

 テニスの全米オープンは29日(日本時間30日)、男子シングルス1回戦でロジャー・フェデラー(スイス)が世界ランク70位の19歳、フランシス・ティアフォー(米国)をフルセットの末に3-2で破り、2回戦に駒を進めた。

 王者が大苦戦だ。フェデラーは地元のティアフォーに第1セットを4-6で落とした。しかし、第2セットに入ると、すぐさま対応。6-2で奪うと、第3セットは6-1と圧倒し、快勝ムードが漂ったが、第4セットに再びティアフォーに反撃を許した。1-6で落とし、セットカウント2-2でフルセットにもつれ込んだ。

 しかし、土壇場で36歳の底力を発揮した。最終セット。3ゲーム連続で奪取するなど、6-4でものにし、17歳年下の若手から白星をもぎ取った。試合を終えると、苦しみの深さを表すように何度も両手を掲げ、バンザイで感情を表現。その模様もすぐさま大会公式ツイッターが動画付きで速報した。

 フェデラーはロジャーズカップで20歳の新鋭アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)に敗戦した後、ウェスタン&サザン・オープンを欠場した。しかし、今年に入って全豪オープン、ウィンブルドンを含むツアー5勝を挙げ、グランドスラム通算20勝、そして、08年の5連覇以来となる全米制覇に注目が集まっており、偉業に向け、なんとか初戦を突破した。

 今大会は錦織圭(日清食品)、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)ら、世界ランクトップ11のうち5選手が欠場するという異常事態。主役少なき大会で盟友ラファエル・ナダル(スペイン)とともに絶対王者にかかる期待は高まっていた。

 大苦戦の初戦突破から勢いに乗り、頂点へ駆け上がれるか。何はともあれ、白星で船出した。

【了】

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集