[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

男子テニス界を襲う悲劇 負傷者続出の現状を伊紙特集、医療の観点から見た元凶は?

男子テニスのグランドスラム今季最終戦、全米オープンはトップランカーに欠場者が相次ぐ悲劇に見舞われている。かつて元日本代表MF中田英寿氏も治療を受けたイタリアの権威あるスポーツ医療センター「イゾキネティック」の関係者は、オフの短さとコートのサーフェスを“元凶”に列挙した。イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が報じている。

全米オープンは世界ランクトップ11のうち5選手を欠く異常事態

 男子テニスのグランドスラム今季最終戦、全米オープンはトップランカーに欠場者が相次ぐ悲劇に見舞われている。かつて元日本代表MF中田英寿氏も治療を受けたイタリアの権威あるスポーツ医療センター「イゾキネティック」の関係者は、オフの短さとコートのサーフェスを“元凶”に列挙した。イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が報じている。

 世界ランキング1位のラファエル・ナダル(スペイン)、同3位のロジャー・フェデラー(スイス)が出場するとはいえ、今年の全米オープンはグランドスラム最終戦としては一抹の寂しさは拭えない。

 世界ランク2位のアンディ・マレーが臀部の故障で棄権を決断し、膝負傷の前回大会王者スタン・ワウリンカ(スイス)、右肘負傷の同5位ノバク・ジョコビッチ(セルビア)、右手首負傷の世界ランク10位・錦織圭(日清食品)、左手首負傷の同11位ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)も欠場を発表。世界ランクのトップ11のうち、5選手を欠く異常事態だ。

 ジョコビッチ、錦織、ワウリンカは今季残りのシーズンを休養に充てることをすでに表明。マレーは「チームと相談することにする。専門家とも話し合って、年末まで復帰できるか様子を見る」と話しているものの、ラオニッチとともに今季中の復帰は疑問視されている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集