[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

バドミントン2種目で東京五輪メダル狙う渡辺勇大、初の講演会「成績は確実に出る」

バドミントン日本代表の渡辺勇大(日本ユニシス)が1日、故郷である東京都杉並区の荻窪体育館で自身初の講習&講演会を行い、聴衆からの質問に答える形で「混合ダブルスは、この1年で(自分たちのように)動き回る(スタイルの)ペアが増えた。同じスタイルが増える中、どうやって違いを見せるかが鍵。ビジョンは描けているので、もう少し待っていただければ、成績は確実に出ると思う」と話し、2020年東京五輪以降のさらなる躍進を誓った。

この日契約を発表したリーニンのラケットを手に講演を行う渡辺勇大【写真:平野貴也】
この日契約を発表したリーニンのラケットを手に講演を行う渡辺勇大【写真:平野貴也】

故郷の東京・杉並で実施「成功するまで続ければ『失敗』は存在しない」

 バドミントン日本代表の渡辺勇大(日本ユニシス)が1日、故郷である東京都杉並区の荻窪体育館で自身初の講習&講演会を行い、聴衆からの質問に答える形で「混合ダブルスは、この1年で(自分たちのように)動き回る(スタイルの)ペアが増えた。同じスタイルが増える中、どうやって違いを見せるかが鍵。ビジョンは描けているので、もう少し待っていただければ、成績は確実に出ると思う」と話し、2020年東京五輪以降のさらなる躍進を誓った。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 渡辺は、混合ダブルスで世界ランク3位、男子ダブルスでも同6位(ともに10月1日更新時点)と2種目で東京五輪出場を目指している。同日付で中国のスポーツアパレルブランド「リーニン」とラケット使用の契約を結んだことも発表。「選手に対して、すごく熱意のあるメーカーで、熱意を100%信頼して今日に至った。(日本の)選手の選択肢が広がっていけば、僕も嬉しい。世界から注目される分、さらに頑張る責任が芽生えた」と話したが、海外ブランドも注目する22歳の若き実力者だ。8月の世界選手権では、強弱の変化で意表を突く技術で欧州の観衆を魅了し、東野有紗とのペアで日本勢初となる混合種目のメダルを獲得。講演会では、銅メダルを聴衆に渡し、地元のファンを喜ばせた。

 講演会では、プレーを披露したほか、次々に質問を浴び、子ども時代のエピソードや、アマチュア選手へのアドバイス、ペアを組むパートナーへの思いなど、多岐にわたって回答。ユーモアあふれるトークショーで笑いが絶えなかった。また、講演終盤には「結果が出て自信がつくのは、当たり前。ただ、やらなければ結果は出ない。(成功するために)やって来たからできるという自信が結果に比例する。成功するまで続ければ『失敗』は存在しない。諦めた時に『失敗』になる」と熱っぽく語る場面もあった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集