[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

連日掲載「世界のスゴ技」 サモア、熊谷熱狂の「シバ・タウ」が20万再生大反響

連日に渡って盛り上がりを見せているラグビーワールドカップ(W杯)日本大会。各国のトップ選手が世界一を目指し、熱戦を繰り広げているが、「これぞW杯」という魅惑のテクニックも飛び出している。「世界のスゴ技」と題し、W杯で生まれたスーパープレーを動画付きで紹介する。今回は番外編、スーパープレーではないが、スタンドを大いに沸かせたサモアの「ウォークライ(戦いの雄たけび)」、「シバ・タウ」を紹介する。

「シバ・タウ」を披露したサモア代表【写真:Getty Images】
「シバ・タウ」を披露したサモア代表【写真:Getty Images】

24日のロシア戦、キックオフ前に披露した「ウォークライ」が喝采浴びる

 連日に渡って盛り上がりを見せているラグビーワールドカップ(W杯)日本大会。各国のトップ選手が世界一を目指し、熱戦を繰り広げているが、「これぞW杯」という魅惑のテクニックも飛び出している。「世界のスゴ技」と題し、W杯で生まれたスーパープレーを動画付きで紹介する。今回は番外編、スーパープレーではないが、スタンドを大いに沸かせたサモアの「ウォークライ(戦いの雄たけび)」、「シバ・タウ」を紹介する。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 会場のボルテージが一気に上がった。24日のロシア戦。サモアの屈強な男たちが、伝統の戦いの儀式で自らを鼓舞した。隊列を組み、声を上げ、腕を叩き、地面を踏み締める。ド迫力のウォークライで、ラグビータウン熊谷に詰めかけた2万2000人超のファンの心を熱くさせた。

 ニュージーランド代表は21日の南アフリカ戦の前に「ハカ」を披露し話題を呼んでいたが、キックオフ前に「ウォークライ」を行うのはオールブラックスだけではない。

 それぞれに名称も異なり、トンガは「シピ・タウ」、フィジーは「シビ」、そしてこの日、サモアが披露したのは「シバ・タウ」という。「シバ・タウ」はほかのウォークライに比べてスピーディーで、リズミカルなのが特徴だ。

 この動画を公開した大会公式SNSでは大きな反響を呼び、動画の総再生回数は20万回を突破。オールブラックスが目立つことが多いが、サモア版の戦いの雄叫びも世界の関心を集めているようだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集