[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

プロ志望届公示 兄弟プロ誕生なるか、広島投手弟の153キロ右腕が提出 U-18侍2人も

日本高校野球連盟と全日本大学野球連盟は24日、新たなプロ野球志望届の提出者を公式サイトで公示。10月17日のドラフト会議に向けて、国学院大の横山楓、吉村貢司郎、仙台大の小林快、東海大相模高(神奈川)の遠藤成内野手、有明高(熊本)の浅田将汰投手、中京学院大中京高(岐阜)の藤田健斗捕手、菰野高(三重)の岡林勇希投手らが提出し、提出者は高校生98人、大学生69人となった。

U-18侍ジャパン代表としてワールドカップに出場した浅田将汰【写真:Getty Images】
U-18侍ジャパン代表としてワールドカップに出場した浅田将汰【写真:Getty Images】

24日までに高校生9人、大学生13人が新たに提出

 日本高校野球連盟と全日本大学野球連盟は24日、新たなプロ野球志望届の提出者を公式サイトで公示。10月17日のドラフト会議に向けて、国学院大の横山楓、吉村貢司郎、仙台大の小林快、東海大相模高(神奈川)の遠藤成内野手、有明高(熊本)の浅田将汰投手、中京学院大中京高(岐阜)の藤田健斗捕手、菰野高(三重)の岡林勇希投手らが提出し、提出者は高校生98人、大学生69人となった。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 国学院大の横山は最速149キロの直球に加え、落差の大きいチェンジアップ、カーブなど緩急を生かした投球が武器の本格派右腕。今春のリーグ戦では28回2/3で33三振を奪って評価を上げた。

 吉村は小さなテークバックから最速150キロをマークする右腕。今春のリーグ戦ではリーグ2位となる防御率0.93をマークするなど、横山と投手陣の柱として活躍した。仙台大は小林のほか、稲毛田渉投手、大関友久投手の3投手が提出。小林は最速149キロをマークする身長181センチの長身左腕だ。

 8月末からのU-18侍ジャパン代表としてワールドカップに出場したメンバーからは、新たに遠藤と浅田が公示された。遊撃手の遠藤は高校通算45本塁打。浅田は最速148キロの直球に加え、打撃にも定評がある。

 菰野の岡林は、2017年育成ドラフト1位で広島に指名された岡林飛翔投手を兄に持つ。甲子園出場の夢はかなわなかったが、最速153キロの本格派右腕だ。強肩捕手の藤田は、中京学院大中京を今夏の甲子園ベスト4に導いた。高校、大学を合わせた提出者は計167人になった。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集