[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

160キロで急降下 21歳ルーキーの“魔球”にMLBが仰天「こんなボール見たことある?」

米大リーグで動く100マイル(約161キロ)が驚愕を呼んでいる。ツインズのルーキー右腕、ブラスダー・グラテロルが14日(日本時間15日)のインディアンス戦で100マイルで大きく動くボールで空振りを奪うシーンを、MLBが動画付きで公開。21歳の“魔球”に「これはフェイク」「アンフェアーだ!」などとファンも度肝を抜かれている。

ブラスダー・グラテロル【写真:Getty Images】
ブラスダー・グラテロル【写真:Getty Images】

ツインズの21歳右腕グラテロルが驚愕の変化球で驚き運ぶ

 米大リーグで動く100マイル(約161キロ)が驚愕を呼んでいる。ツインズのルーキー右腕、ブラスダー・グラテロルが14日(日本時間15日)のインディアンス戦で100マイルで大きく動くボールで空振りを奪うシーンを、MLBが動画付きで公開。21歳の“魔球”に「これはフェイク」「アンフェアーだ!」などとファンも度肝を抜かれている。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 21歳の剛腕ルーキーが、観るものの度肝を抜いた。6回から登板したグラテロル。2死を取って迎えたメルカドをカウント2-2と追い込むと、5球目に投じた1球がものすごかった。

 さらに右打者の手元へ食い込みながら落ちるボールにメルカドのバットは空を切る。すさまじい軌道は100マイル。MLB公式サイトに表示された球種はシンカーだった。

 MLBは「時速100マイル(約161km/h)でこう動くボール見たことある?」と驚きをつづり動画付きで投稿。目の当たりにしたファンも驚愕を隠せない様子だ。

「こんなの見たら死んじゃう」
「ありえない!」
「文句なしのえげつなさ」
「すごい落差」
「見たことない。新しい球種を試し始めたばかりなんだろう」
「これはフェイク」
「ツインズの未来は明るい」
「Wow…アンフェアーだ!!」
「どうやってキャッチしたの」
「この球を打てる人っているの?」

 グラテロルは6、7回の2イニングをパーフェクトに抑え、8回の攻撃で味方が逆転に成功し、メジャー登板5試合目で嬉しい初勝利を手にした。ア・リーグ中地区で首位を走るツインズにとって、ポストシーズンの頼れる切り札になるかもしれない。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集