[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

紀平梨花、メドベを抑えた貫禄224点超V 海外メディアも称賛「壮大なフリーだ」

フィギュアスケートのオータムクラシックは13日(日本時間14日)、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の紀平梨花(関大KFSC)がフリーも1位となる145.98点をマークし、合計224.16点で今季初戦を優勝で飾った。平昌五輪銀メダリストのエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)に7点近い差をつけて快勝。海外メディアは冒頭の3回転アクセルを動画付きで公開し、「壮大なフリースケーティング」と称賛している。

紀平梨花【写真:Getty Images】
紀平梨花【写真:Getty Images】

今季初陣V、海外メディアも続々報道「今季を引っ張っていく女子の一人に」

 フィギュアスケートのオータムクラシックは13日(日本時間14日)、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の紀平梨花(関大KFSC)がフリーも1位となる145.98点をマークし、合計224.16点で今季初戦を優勝で飾った。平昌五輪銀メダリストのエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)に7点近い差をつけて快勝。海外メディアは冒頭の3回転アクセルを動画付きで公開し、「壮大なフリースケーティング」と称賛している。

【特集】オリンピックに繋がる大会に おりひめジャパンが目指す世界選手権とその先 / 女子ハンドボール日本代表インタビュー(GROWINGへ)

 日本の17歳が、貫禄を示した。冒頭の3回転アクセル―2回転ループを綺麗に着氷。続く3回転アクセルは回転不足を取られたが、果敢に攻めた。後半も3回転の連続ジャンプを決めるなど、高難度の演技を披露。滑り終えると右手を挙げて手を叩き、うれしさをのぞかせた。得点は合計224.16点。まだ伸びしろも残しながら、上々の今季初陣となった。

 IOC運営の五輪専門メディア「オリンピックチャンネル」公式ツイッターは冒頭で決めた圧巻の3回転アクセル―2回転ループを動画付きで公開。さらに、公式サイトでも「リカ・キヒラがオータムクラシックインターナショナルで優勝」と見出しを打って特集。「女子フリーでキヒラがメドベージェワを上回り19-20年シーズンのデビュー戦を勝利で飾った」とレポートした。

 記事では、習得に取り組んできた4回転サルコーは温存したと紹介した上で「壮大なフリースケーティング」と表現。「昨年のGPファイナル覇者は2つのトリプルアクセルを決めた。キヒラはオータムクラシックの勝利で今シーズンを引っ張っていく女子の一人になることを見せた」と今季も女子の主役を張る存在であると評した。

 また、米スポーツ専門局「NBCスポーツ」も「リカ・キヒラがメドベージェワの2年ぶり優勝を阻む」とレポートするなど、初戦から注目を浴びた。今季は平昌五輪女王アリーナ・ザギトワに加え、アレクサンドラ・トルソワ、アンナ・シェルバコワら、ロシアのジュニア勢が続々とシニアデビュー。一層、激しい争いが繰り広げられることが予想されるが、主役の座は譲らない。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集