[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

どこ見てるの!? 巨人・丸、“打球無視”の「ツイスト弾」に驚愕反響「これは変態」

プロ野球、巨人の丸佳浩外野手が12日のDeNA戦(横浜)でとんでもない一発を放った。ボールの行方をまったく見ずに、視線は正面を向いたまま――。下半身を開かないための“ツイスト打法”で放った25号弾を、スポーツチャンネル「DAZN」が動画つきで公開。見たことがないような打ち方に、ファンには驚愕が広がっている。

巨人・丸佳浩【写真:Getty Images】
巨人・丸佳浩【写真:Getty Images】

下半身の開き抑える“ツイスト打法”で25号2ラン

プロ野球、巨人の丸佳浩外野手が12日のDeNA戦(横浜)でとんでもない一発を放った。ボールの行方をまったく見ずに、視線は正面を向いたまま――。下半身を開かないための“ツイスト打法”で放った25号弾を、スポーツチャンネル「DAZN」が動画つきで公開。見たことがないような打ち方に、ファンには驚愕が広がっている。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 どこ見てるの!? 丸が驚きの打撃を披露した。2点リードの4回だった。1死一塁の場面で打席に入った背番号8は、DeNAの2番手右腕・武藤の内寄りに甘く浮いてきた142キロの直球を捉えた。

 打球はぐんぐん伸びて、右翼席へ飛び込んだのだが、驚くべきはその打ち方だ。視線は打球が飛んだ右翼方向ではなく、三塁ベンチ方向を向いている。下半身の開きを抑えるための“ツイスト打法”。一見不格好にも見えるが、それで右翼の中段まで届かせるのだからさすがの技術だ。

 DAZNが公式ツイッターで公開した動画には、ファンからの驚きの反応が続々。「丸ちゃんよそ見してるけどホームラン」「どんな打ち方」「この打ち方、阿部がやってたヤツ」「これは変態」などとうならせていた。

 優勝へのマジックを7とした巨人。今季広島からFAで加入した丸にとっては優勝すれば、個人での4連覇となる。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集