[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本が1次L敗退決定、戦前は「歴代最強」の呼び声も… 八村「切り替えていい経験を」

バスケットボールのワールドカップ(W杯・DAZNで生配信)に出場している世界ランク48位の日本は3日、同24位・チェコとの第2戦(上海・東方体育中心)を行い、76-89で2連敗となった。日本はW杯で欧州勢に9戦全敗。課題だったディフェンスの脆さを露呈し、その後に行われた米国―トルコ戦の結果、1次リーグ敗退が事実上決定した。

八村塁【写真:Getty Images】
八村塁【写真:Getty Images】

米国がトルコを下し、日本敗退が事実上決定…残すは1次L米国戦&順位決定戦

 バスケットボールのワールドカップ(W杯・DAZNで生配信)に出場している世界ランク48位の日本は3日、同24位・チェコとの第2戦(上海・東方体育中心)を行い、76-89で2連敗となった。日本はW杯で欧州勢に9戦全敗。課題だったディフェンスの脆さを露呈し、その後に行われた米国―トルコ戦の結果、1次リーグ敗退が事実上決定した。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 1日のトルコ戦に続いて徹底マークを受けた八村塁(ウィザーズ)。この日は21得点と奮闘したが、及ばなかった。日本の試合後に米国がトルコを下したため「5日のチェコ対トルコが没収試合で勝ち点0&日本が米国に勝利」という限りなく可能性の低いシチュエーションでしか、日本の2次リーグ進出はならない。日本のフリオ・ラマス監督は「勝つチャンスはたくさんあった。今日のオフェンスは良かったが、さらにチャンスを作るためにも改善すべき点はある」と肩を落とした。

 エース・八村は、終始追いかける展開でも豪快なダンクを決め、雄叫び上げるなど盛り立てた。しかし、チームはターンオーバーの連発などミスを繰り返し、逆転できず。「3Q目で相手もリズム乗ってきて止めることできず、ずるずるいった試合だった。相手もダブルチームしてきて、ああいうディフェンスの中でボールも回ってトルコ戦より良かったけど、最後まで戦いきれなかった」と唇をかんだ。

 3年前の2016年に、日本はリオ五輪をかけた最終予選でチェコと激突。71-87で敗れているが、ウィザーズにドラフト1巡目で指名された八村、元NBAのファジーカス・ニックらが加わり当時よりも格段に進化した。しかし、戦前は「歴代最強」と言われた日本にとって、06年8月21日のパナマ戦以来4761日ぶりのW杯勝利はならず。主将の篠山竜青は「やっぱり本当に勝ちたかった試合でした。この3年間で日本がこれだけ成長したんだというのを示したかった。だからこそチェコには勝ちたかった」と声を震わせた。

 事実上、順位決定戦に回る日本は、未来のバスケ界に足跡を残す戦いが求められる。1次リーグ最終戦となる5日の米国戦に向けて、八村は「もう1試合あるので、僕らがどれだけできるかわからないけど、切り替えていい経験ができたらいい。フィジカル、技術も相手の方が上なので気持ちで負けないように」とチェコ戦後に語っていた。世界最強相手に意地を見せる。

(THE ANSWER編集部)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集