[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

桃田賢斗、無敵の連覇 全6試合で隙与えず、掴んだ自信「昨年とは全然違う重み」

無敵だった。バドミントン世界選手権(スイス、バーゼル)は現地時間25日に各種目の決勝を行い、男子シングルスは桃田賢斗(NTT東日本)が2-0(21-9、21-3)でアンダース・アントンセン(デンマーク)を破り、同種目で日本勢初となる2連覇を果たした。

全試合ストレート勝ちで連覇を達成した桃田【写真:平野貴也】
全試合ストレート勝ちで連覇を達成した桃田【写真:平野貴也】

全試合ストレート勝ちでV2「こんなにスムーズに優勝できるとは…」

 無敵だった。バドミントン世界選手権(スイス、バーゼル)は現地時間25日に各種目の決勝を行い、男子シングルスは桃田賢斗(NTT東日本)が2-0(21-9、21-3)でアンダース・アントンセン(デンマーク)を破り、同種目で日本勢初となる2連覇を果たした。初戦の2回戦から、1ゲームも取られることなく、すべての試合をストレートで勝利。試合後、コート上でインタビューを受けた桃田は「こんなにスムーズに優勝できるとは思っていなかった。たくさんの人のおかげで頑張ることができた。東京五輪に照準を合わせるのではなく、一試合一試合、応援してくれるファン、サポートしてくれる人のために全力で戦う」と、止まることなく勝ち続ける決意を語った。

【特集】「日本全体にインパクトを」 代表主将が見据える日本ラグビー界の未来 / ラグビー リーチ・マイケル選手(GROWINGへ)

 日本で生中継が行われた一戦で、桃田は圧倒的な強さを示した。第1ゲームの序盤こそ大きな点差はつかなかったが、コートや相手の感触を確かめ終わると、11点のインターバルからは、まったく相手を寄せ付けなかった。前日の準決勝で疲労が溜まったというアントンセンは、試合途中から左の脇腹辺りを気にするような仕草を見せるなど、明らかに不調。ミスショットで次々に点を失った。一方的な展開は第2ゲームも変わらなかった。最後は、アントンセンのスマッシュをダイビングレシーブ。桃田は、相手コートにシャトルが落ちるのを見届けると、倒れ込んだままガッツポーズで喜びを噛み締めた。

 桃田は「昨年はディフェンス主体のプレーで優勝できたが、そこから対策をされるようになった。守ってばかりでは勝てないと分かり、アグレッシブに攻めていくことをテーマに取り組んできた。今大会では、より早く、より前にというアグレッシブなプレーができた分、ディフェンスでも相手にプレッシャーを与えることができ、優勝の要因になったと思う」と手ごたえを語った。

 元々、今大会は前回準優勝の石宇奇(中国)や一昨年の王者であるビクター・アクセルセン(デンマーク)が欠場しており、桃田はダントツの優勝候補だった。しかも、大会中に世界ランク2位の周天成(チョウ・ティエンチェン=台湾)や同4位のヨナタン・クリスティー(インドネシア)、同5位でリオデジャネイロ五輪金メダルのチェン・ロン(中国)、7月にダイハツヨネックスジャパンオープンで激闘を繰り広げた好敵手のアンソニー・シニスカ・ギンティン(インドネシア)と、ライバル候補が次々に姿を消した。桃田が今大会で戦った世界ランク1ケタの選手は、アントンセンのみ。楽な勝ち上がりになった。

 ただ、単なるラッキーではない。全試合で隙を与えなかった意味は大きく、桃田は「向かって来る相手に対して6試合すべてストレートで勝てたことは、自分にとっては昨年とは全然違う重みがある」と自信を得た様子だった。各強豪選手が勝ち続ける難しさを痛感させられる中、唯一、揺らぐことなく、勝ち続けたからこその2連覇だ。

(平野 貴也 / Takaya Hirano)

FIBAバスケットボールワールドカップ2019 日本代表戦・全試合ライブ中継

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
FIBAバスケットボールワールドカップ2019 日本代表戦・全試合ライブ中継
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集