[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本、正念場チェコ戦で前半40-45と善戦 八村は8得点、幻の“怪物ダンク”披露も

バスケットボールのワールドカップ(W杯・DAZNで生配信)に出場している世界ランク48位の日本は3日、同24位・チェコとの第2戦(上海・東方体育中心)を行い、40-45で前半を折り返した。1日のトルコ戦で徹底マークを受けた八村塁(ウィザーズ)は先発出場し、8得点。2次リーグ進出を懸け、正念場に立たされている。

チェコ戦に先発出場した八村塁【写真:Getty Images】
チェコ戦に先発出場した八村塁【写真:Getty Images】

チェコ戦、負ければ午後9時30分の米国-トルコ戦次第で2次L進出消滅

 バスケットボールのワールドカップ(W杯・DAZNで生配信)に出場している世界ランク48位の日本は3日、同24位・チェコとの第2戦(上海・東方体育中心)を行い、40-45で前半を折り返した。1日のトルコ戦で徹底マークを受けた八村塁(ウィザーズ)は先発出場し、8得点。2次リーグ進出を懸け、正念場に立たされている。

【特集】オリンピックに繋がる大会に おりひめジャパンが目指す世界選手権とその先 / 女子ハンドボール日本代表インタビュー(GROWINGへ)

 日本の先発は八村のほか、NBAグリズリーズの渡邊雄太、ファジーカス・ニック、馬場雄大、そしてPGに田中大貴が抜擢された。会場は開始前からチェコよりも日本のファンが多く、「ニッポン」コールが注がれた。

 第1クォーター(Q)開始14秒、ゴール近くでボールを受けた八村が果敢にシュートに挑み、ファウルを獲得。フリースローを2本とも決めて先制した。序盤は体を張ったディフェンスで気持ちの強さを見せる。しかし、自軍のシュートが入らない一方で、課題だったリバウンドでは217センチのCオンドレイ・バルビンを中心とするチェコに対して優位に立てない。残り4分49秒にはこぼれ球を八村がリバウンドからシュートを決めて雄叫びを上げた。

 ディフェンスに定評がある田中はオフェンスでも奮闘。果敢にドライブを繰り返し、残り3分には3ポイントシュートを決めて13-13の同点に追いついた。シーソーゲームが続く白熱した試合展開の中、八村のフリースローで18-18に追いつき第1Qを終えた。

 日本は第2Qも気合の入ったディフェンスで守り続けた。プレッシャーを掛けて相手のシュートミスを誘う。八村は残り6分50秒でベンチへと下がった。ドライブと3ポイントシュートを織り交ぜるチェコに徐々に差を広げられ、残り5分を切って25-33とされた。その後は再び、八村を投入し、残り26秒で豪快ダンクを炸裂させて会場を熱狂させたが、直前に受けたファウルでノーカウントのフリースローに。5点ビハインドのまま前半を終えた。

 チェコは身長201センチの大型PGトマシュ・サトランスキー(ブルズ)が、唯一の現役NBAプレーヤー。逆転負けした米国戦でも、計28分で両軍最多の17得点をマークした27歳はこの日も攻守に存在感を発揮している。

 トルコ戦では出だしからミスを連発して浮足立った日本。常に2人以上が日本のエースのマークに張り付く“八村封じ”に遭い、周囲はサポートできずチームが機能しなかった。リバウンドでも26-44と圧倒され、67-86で敗北。八村は「ディフェンスとリバウンド。中心選手に気持ち良くプレーさせない」と課題を挙げ、チームを引っ張る姿勢を見せていた。

 勝ち点の内訳は勝ち=2、負け=1で、上位2か国が2次リーグに進出し、下位2か国は順位決定戦に回る。第1戦を終えたグループE各国の勝ち点は米国2、トルコ2、日本1、チェコ1。日本がチェコに敗れた場合、日本時間午後9時30分から行われる試合で米国がトルコに勝つと、米国戦を前に日本の1次リーグ突破の可能性が消滅する。日本がチェコに勝てば、米国-トルコの勝敗に関わらず3日の最終戦に望みをつなぐことになる。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集