[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

エストラーダ、貫禄9回TKO勝ちで初防衛! 対戦熱望する井岡一翔と激突なるか

ボクシングのWBC世界スーパーフライ級タイトルマッチ12回戦は24日(日本時間25日)、王者のフアン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)が挑戦者のドウェイン・ビーモン(米国)を9回TKO勝ち。初防衛を達成し、通算成績は43戦40勝(27KO)3敗となった。

フアン・フランシスコ・エストラーダ【写真:Getty Images】
フアン・フランシスコ・エストラーダ【写真:Getty Images】

挑戦者のビーモンを挑発する余裕を見せながらV1を達成

 ボクシングのWBC世界スーパーフライ級タイトルマッチ12回戦は24日(日本時間25日)、王者のフアン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)が挑戦者のドウェイン・ビーモン(米国)を9回TKO勝ち。初防衛を達成し、通算成績は43戦40勝(27KO)3敗となった。

【特集】オリンピックに繋がる大会に おりひめジャパンが目指す世界選手権とその先 / 女子ハンドボール日本代表インタビュー(GROWINGへ)

 エストラーダが圧倒的な強さを見せつけた。2回に巧みな駆け引きから、2度のダウンを奪取。以降は膠着した状態が続き、時折、挑発する動きを見せながら、相手の動きが落ちた9回に一気に試合が動いた。40秒過ぎからロープ際に追い込み、猛ラッシュを浴びせる。ボディーが効いたビーモンは防戦一方となり、主審が試合を止めた。貫禄の戦いぶりでV1を達成した。

 エストラーダは4月にシーサケット・ソールンビサイ(タイ)を判定勝ちで下し、2階級制覇を達成。一方で6月に4階級制覇を達成したWBO同級王者・井岡一翔(Reason大貴)は海外でのビッグマッチを夢に掲げており、試合後は対戦希望として「強いて言えばエストラーダ選手ですかね。ずっと近いところ(階級)にいるし、世界的にも評価が高い」と口にしていた。

 エストラーダは、WBA王者カリ・ヤファイ(英国)との年内の王座統一戦が計画されているが、日本人ファンにとっては海外でエストラーダVS井岡が実現なるか、これは今後の一つの見所になりそうだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集