[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

敵地少年ファンとキャッチボール 若きスターが見せた一流の品格に称賛の声

ヤンキースの若きスラッガー、アーロン・ジャッジ外野手が敵地シアトルのセーフコ・フィールドで試合中に野球少年との心温まるキャッチボールを行い、称賛を呼んでいる。

ヤンキースのジャッジが敵地で心温まる交流「この子供は絶対に忘れない」

 ヤンキースの若きスラッガー、アーロン・ジャッジ外野手が敵地シアトルのセーフコ・フィールドで試合中に野球少年との心温まるキャッチボールを行い、称賛を呼んでいる。

 メジャーの未来を担う若きスーパースターとマリナーズファンの少年の交流があったのは、現地時間20日の4連戦初戦だ。

 ヤンキースが4-1のリードで迎えた9回裏のことだった。ライトの定位置に入ったジャッジは、スタンドの最前列でグラブを手に目を輝かせる少年を発見した。マリナーズの帽子にシャツという姿。明らかに相手チームのファンに見えた。しかし、ジャッジは気にすることなくこの少年とキャッチボールをスタート。満面の笑みの少年は、スタンド最前列から背番号99の胸元にボールを投げ込んだ。

 現マーリンズのイチロー外野手の“世界一のファン”でありながら、マリナーズの熱狂的なファンとしても有名なエイミー・フランツさんのすぐ隣で、夢のような光景は広がっていた。

 ニューヨークでテレビ中継していた「イエス・ネットワーク」の実況が「アーロン・ジャッジはこのイニングの準備を進めています。そこで若いファンとウォーミングアップを始めましたよ」と紹介。すると、解説者は「これはクールですね」と唸り、実況は「クールですよ。この子供は絶対に忘れないでしょう」と続けた。

 この心温まるワンシーンをMLB公式インスタグラムも動画で紹介。すると、敵地にもかかわらず、野球ファンを大事にするジャッジの粋なキャッチボールにファンから称賛の声が集まった。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集