[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ジョコ、今年も芝食べた 優勝後の恒例パフォが海外話題「握手し…えっと…草食べた」

テニスの4大大会ウィンブルドンは14日、男子シングルス決勝でノバク・ジョコビッチ(セルビア)がロジャー・フェデラー(スイス)を7-6、1-6、7-6、4-6、13-12で決勝史上最長4時間57分の激闘を制し、2年連続5度目の優勝を果たした。試合後は恒例となった芝を食べるパフォーマンスを披露。実際のシーンを大会公式ツイッターが公開し、海外メディアも「長い試合で空腹だったのだろう」「握手し…えっと…草を食べた」など大きな話題を呼んでいる。

2連覇で5度目のウィンブルドン優勝を飾ったジョコビッチ【写真:Getty Images】
2連覇で5度目のウィンブルドン優勝を飾ったジョコビッチ【写真:Getty Images】

5時間激闘後、芝を食べる儀式に海外メディア「長い試合で空腹だった」

 テニスの4大大会ウィンブルドンは14日、男子シングルス決勝でノバク・ジョコビッチ(セルビア)がロジャー・フェデラー(スイス)を7-6、1-6、7-6、4-6、13-12で決勝史上最長4時間57分の激闘を制し、2年連続5度目の優勝を果たした。試合後は恒例となった芝を食べるパフォーマンスを披露。実際のシーンを大会公式ツイッターが公開し、海外メディアも「長い試合で空腹だったのだろう」「握手し…えっと…草を食べた」など大きな話題を呼んでいる。

【特集】「あとはここの波を究めるだけ」全てを知り尽くした海で狙うメダルへの道 / サーフィン 大原洋人選手(GROWINGへ)

 ジョコビッチが今年も芝を食べた。4時間57分の激闘を制すとフェデラーとがっちりを握手を交わし、観客が総立ちとなった喝采を送る中、ジョコビッチはしゃがみ込んだ。右手で足元の芝をむしり、そのまま食べる仕草を見せ、立ち上がってニヤリ。満足げな表情で、一段と大きくなった歓声に応えていた。

 ウィンブルドン公式ツイッターは「ナンバー5の味も良い」と記し、実際のシーンを公開。近年、お決まりとなっているパフォーマンスに海外ファンも大盛り上がりだ。「ノバク、勝利の味をかみしめ続けて」「ウィンブルドンの芝を食べるのは、高揚した感情を表現するユニークな方法ね」「GOATがウィンブルドンの芝を食べる」。なかには「なんで芝食べてんの?」の声もあった。

 さらに、海外メディアも続々取り上げている。米放送局「CNN」は「そう、ジョコビッチはひと掴みの芝を食べてウィンブルドン優勝を祝福。理由はこちら」と見出しを打って特集。「ジョコビッチはフェデラー相手の勝利を、祝福のスナックとともに味わった。それはコートの芝生だ」と紹介している。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集