[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

桃田、奥原ら坂道ダッシュ バド日本代表合宿開始、朴HCが檄「1番になれないのか?」

夏から本格化する五輪レースを戦うバドミントン日本代表が4日、富山県高岡市で合宿を開始した。午前は、竹平記念体育館で1329人の観衆が見守る中、素走りや素振り、ノックなどに取り組んだ。5月の男女混合国別対抗戦スディルマンカップで日本チームの主将を務めた男子ダブルスの嘉村健士(トナミ運輸)は「雰囲気が良く、みんな気合いが入っていた。良いプレーをすると応援してもらえるので、また良いショットを見せようと力が入っていたように感じた。みんなで声を出して、身体をいじめ抜いて、良い試合ができるように頑張りたい」と話し、充実した表情を見せた。

男子シングルスの桃田賢斗【写真:平野貴也】
男子シングルスの桃田賢斗【写真:平野貴也】

五輪レース本格化を前に富山で合宿開始、園田「フィジカルは重要」

 夏から本格化する五輪レースを戦うバドミントン日本代表が4日、富山県高岡市で合宿を開始した。午前は、竹平記念体育館で1329人の観衆が見守る中、素走りや素振り、ノックなどに取り組んだ。5月の男女混合国別対抗戦スディルマンカップで日本チームの主将を務めた男子ダブルスの嘉村健士(トナミ運輸)は「雰囲気が良く、みんな気合いが入っていた。良いプレーをすると応援してもらえるので、また良いショットを見せようと力が入っていたように感じた。みんなで声を出して、身体をいじめ抜いて、良い試合ができるように頑張りたい」と話し、充実した表情を見せた。

【特集】オリンピックに繋がる大会に おりひめジャパンが目指す世界選手権とその先 / 女子ハンドボール日本代表インタビュー(GROWINGへ)

 男子シングルスの桃田賢斗(NTT東日本)らは、ノックで汗を流した。初日から体力を試される展開となり、男子ダブルスの保木卓朗(トナミ運輸)は、休憩明けにマレーシア人のタン・キムハーコーチから「シュウゴウ!」と声をかけられると、思わず「(練習は)フィニッシュ?」とジョークで返答。選手は口々に「足が言うことをきかない」、「最終日まで身体がもたない」と苦笑いを浮かべていた。

 午後は、市内で3キロ弱の坂道をランニング。先頭でゴールしたのは、男子シングルスの西本拳太(トナミ運輸)で、桃田は3番手。女子の先頭は、奥原希望(太陽ホールディングス)だった。坂道ダッシュは何本も繰り返し行われ、日本代表の朴柱奉ヘッドコーチは「1番になれないのか? 無理じゃない。できる。韓国代表も1週間、砂浜で走り込みをしたと聞いている。日本は、山だ。頑張れ」と檄を飛ばした。日本代表は、4日間の高岡合宿でフィジカル強化を中心に取り組み、8日からは東京で合宿を続ける。嘉村とペアを組む園田啓悟は「フィジカルは、重要。みんなで盛り上げて乗り切りたい」と意気込みを語った。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集