[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

前田健太、“米史上初の独壇場”を米メディアも絶賛「ケンタが投打で支配した」

米大リーグのドジャース・前田健太投手が15日(日本時間16日)、本拠地パドレス戦に先発し、7回途中で12三振を奪い、3安打無失点の快投。今季5勝目をマークした。打ってもチーム全得点となる2点タイムリーを放ち、メジャー初のマルチ安打。魂の決勝打を球団が動画付きで公開し、反響を呼んでいたが、米メディアも「ケンタ・マエダがパドレスを支配した」と投打に渡る独壇場を絶賛している。

前田健太【写真:Getty Images】
前田健太【写真:Getty Images】

「投げて12K&打って全打点」のメジャー初快挙に喝采

 米大リーグのドジャース・前田健太投手が15日(日本時間16日)、本拠地パドレス戦に先発し、7回途中で12三振を奪い、3安打無失点の快投。今季5勝目をマークした。打ってもチーム全得点となる2点タイムリーを放ち、メジャー初のマルチ安打。魂の決勝打を球団が動画付きで公開し、反響を呼んでいたが、米メディアも「ケンタ・マエダがパドレスを支配した」と投打に渡る独壇場を絶賛している。

【特集】「サッカーを楽しむ」は今も― “炎の守護神”が現役生活で教えられたこと / サッカー 川口能活氏(GROWINGへ)

 この日、ドジャースタジアムの主役は紛れもなく、前田だった。投げては12奪三振。それもすべて空振りで奪う快投だ。打っても2回の第1打席、2死二、三塁で左腕ストラームが投じた真ん中高めの87マイル(約140キロ)の速球に食らいつき、右翼手、二塁手、一塁手が追っても届かない一塁線の絶妙な位置に打球を落とした。この2点タイムリーがそのまま決勝打となった。

 球団公式インスタグラムは塁上で笑みを浮かべる写真とともに、実際のシーンを動画付きで公開。目の当たりにした米ファンは
「最も打てる投手だ」「彼は今夜、一匹狼の戦士だった」などと喝采を上げていたが、米メディアも絶賛している。ロサンゼルス地元紙「オレンジ・カウンティ・レジスター」は「ドジャースのケンタ・マエダがパドレスを投打で支配」と特集した。

 記事では「マエダの打撃は投球と同じくらい、際立っていた」と記し、投げても6者連続三振の快投を演じたことを紹介。また、MLB公式ツイッターも「ケンタ・マエダはワンマンショーだった」と報じ、活躍をメジャーファンに届けた。

 米データ専門会社「エライアス・スポーツ・ビューロー」公式ツイッターによると、打点が公式記録となった1920年以降、12三振以上を奪い、チームの全得点(2得点以上)を記録したメジャー史上初の投手となったという。投げて打って、前田がMLBの歴史に残る投打の独壇場を演じてみせた。

(THE ANSWER編集部)

FORMULA 1 モナコグランプリ 5/23(木)~5/26(日)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
F1 F2 F3 全部観られるのはDAZNだけ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集