[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

マンホールの蓋でマシン破損 F1珍事にチーム幹部怒り「溶接するべき」

F1第4戦アゼルバイジャンGPは26日、フリー走行1回目が行われたが、まさかの珍事が起きた。ウィリアムズのジョージ・ラッセルが開始直後、コース上にあるマンホールの蓋を踏み、それが引き金となってマシンが破損し、走行不能に。残骸が無残に飛び散った実際のシーンをF1が動画で公開し、海外ファン、メディアに「F1はウィリアムズに賠償すべき」「注目のイベントにこれは管理不行き届きだ」などと波紋が広がっていたが、ドライバーも「体に最大の衝撃を受けた」と振り返っている。

破損したジョージ・ラッセルの車体【写真:Getty Images】
破損したジョージ・ラッセルの車体【写真:Getty Images】

アゼルバイジャンGPで起きた珍事、ドライバー「最大の衝撃受けた」

 F1第4戦アゼルバイジャンGPは26日、フリー走行1回目が行われたが、まさかの珍事が起きた。ウィリアムズのジョージ・ラッセルが開始直後、コース上にあるマンホールの蓋を踏み、それが引き金となってマシンが破損し、走行不能に。残骸が無残に飛び散った実際のシーンをF1が動画で公開し、海外ファン、メディアに「F1はウィリアムズに賠償すべき」「注目のイベントにこれは管理不行き届きだ」などと波紋が広がっていたが、ドライバーも「体に最大の衝撃を受けた」と振り返っている。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 誰もが目を疑った。開始直後、軽快に飛ばしていたラッセル。しかし、直線を走っている際、軽く車体が跳ねたと思った次の瞬間だ。マシン後部から車体の一部が飛び散ったのだ。残骸が無残にコースに散乱する中、実況も「オーッ!」と驚きの声を上げ、ラッセルはすぐにスピードを緩め、コース上に停車させ、何が起きたのか、マシンを入念にチェックしていた。

 原因は、実はマンホールにあった。直前に走っていたマシンがコース中央にあるマンホールを踏み、蓋が緩んだ模様。続けて通過したラッセルが同じ個所を踏み、それが引き金となってマシンが破損し、走行不能に追い込まれたのだ。実際のシーンをF1公式Youtubeが動画を公開。海外ファンも「F1はウィリアムズに賠償すべき」「注目のイベントにこれは管理不行き届きだよ」などと波紋を呼び、海外メディアも続々と報道していたが、チーム側も不満だったようだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集