[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

錦織、奇跡の逆転で3年ぶり8強進出 5時間5分の激闘制し、全米OPに続く大坂とダブル8強

テニスの4大大会・全豪オープンは21日、男子シングルス4回戦で世界ランク9位の錦織圭(日清食品)が同23位パブロ・カレノブスタ(スペイン)に6-7、4-6、7-6、6-4、7-6で大逆転勝ち。5時間5分の死闘を制し、2016年大会以来、自身4度目の8強進出を決めた。

カレノブスタに逆転勝ちを収めた錦織圭【写真:Getty Images】
カレノブスタに逆転勝ちを収めた錦織圭【写真:Getty Images】

全豪オープン4回戦、世界ランク23位に大逆転勝ち

 テニスの4大大会・全豪オープンは21日、男子シングルス4回戦で世界ランク9位の錦織圭(日清食品)が同23位パブロ・カレノブスタ(スペイン)に6-7、4-6、7-6、6-4、7-6で大逆転勝ち。5時間5分の死闘を制し、2016年大会以来、自身4度目の8強進出を決めた。

【特集】一瞬で恋に落ちた新体操、その魅力「1回見たら好きになってもらえる」 / 新体操・畠山愛理さんインタビュー(GROWINGへ)

 これぞ錦織の真骨頂だ。第1セットは第3ゲームで先にブレークに成功するも、その後は互いにブレークし合う展開。タイブレークに突入したが、このセットを落とした。足を気にする場面もではじめ、疲労の見える錦織。続く第2セットも先にブレークされ、逆に錦織は一度もブレークできず4-6で落とし窮地に追い込まれた。

 だが、ここから錦織が底力を発揮した。第3セットも先にブレークを許したが、すぐにブレークバック。再びタイブレークに突入すると、驚異的な粘りをみせてこのセットは奪い返した。続く第4セットも6-4で取って、2-2と追いついた。

 勝負の第5セット、疲労を見せていたはずの錦織が生き返った。第3ゲームで先にブレークに成功。ブレークバックされ、10ポイントタイブレークに突入。ここでもビハインドを背負ったが、最後まで諦めない錦織は最後はサービスエースで決めた。

 今大会3度目のフルセットの激闘を制し、女子の大坂なおみ(日清食品)に続いて8強入り。昨夏の全米オープンに続くダブルでの準々決勝進出となった。

<全豪オープン>
1回戦 3-2 マイクシャク(176位)
2回戦 3-2 カロビッチ(73位)
3回戦 3-0 ソウザ(44位)
4回戦 3-2 カレノブスタ(23位)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1、J2、J3「全試合中継」ダゾーン独占
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集