[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

紀平梨花が表現した芸術性 グラミー賞6度のフリー曲編曲者も祝福「凄く誇らしい」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナル女子で初優勝を飾った紀平梨花(関大KFSC)。浅田真央以来、日本勢13年ぶりとなるシニア1年目Vを達成した16歳の快挙は世界に驚きが広がっていたが、グラミー賞を6度受賞した米音楽界の大御所も祝福している。

シニア1年目のファイナル制覇を達成した紀平梨花【写真:Getty Images】
シニア1年目のファイナル制覇を達成した紀平梨花【写真:Getty Images】

フリー曲の編曲者ビバーツ氏が感謝「美しいスケートだった」

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナル女子で初優勝を飾った紀平梨花(関大KFSC)。浅田真央以来、日本勢13年ぶりとなるシニア1年目Vを達成した16歳の快挙は世界に驚きが広がっていたが、グラミー賞を6度受賞した米音楽界の大御所も祝福している。

【特集】5人制元日本代表はなぜ3×3で現役復帰したのか 「バスケ界に恩返しを」 / バスケットボール・渡邉拓馬選手インタビュー(GROWINGへ)

 フリー曲「Beautiful Storm」の美しい調べに身を任せた紀平。代名詞の3回転アクセルだけではなく、高い芸術性と表現力で魅了する圧巻の演技でバンクーバーのアリーナから大きな喝采を浴びたが、殊勲の16歳には米音楽界の鬼才から祝福のメッセージが届いた。

「グランプリファイナルの金メダルおめでとう、リカ・キヒラ。ジェニファー・トーマスのためにこの曲をミックスしたのが私だ、と言えることは凄く誇らしい。美しいスケートだった」

 自身のツイッターで、こうつづったのは音楽界のトップエンジニアとして君臨するブライアン・ビバーツ氏だった。「ドクター・ビブ」の異名で知られるビバーツ氏は坂本龍一、マイケル・ジャクソン、マライア・キャリーら錚々たるアーティストのアルバム制作で手腕を発揮。グラミー賞を6度受賞したが、ジェニファー・トーマスが作曲した紀平のフリー曲も手がけていた。

 バンクーバーのリンクに“美しい嵐”を起こした16歳は音楽界からも喝采を浴びている。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集