[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • マレー全仏で復活へ 世界1位の不振の脱出法「苦しむこと認め、もがくこと楽しむ」

マレー全仏で復活へ 世界1位の不振の脱出法「苦しむこと認め、もがくこと楽しむ」

全仏オープンが現地時間28日から熱戦の火蓋が切られる。世界ランキング1位のアンディ・マレー(英国)は準々決勝で同9位の錦織圭(日清食品)と激突する可能性がある“死のブロック”に入ったが、「もがくことを楽しもうと思っている」と今季の不調から逆襲へ、意気込んでいる。ATP公式サイトが報じた。

不調マレー、錦織ら「死のブロック」から逆襲へ「乗り越える方法はただ一つ」

 テニスの四大大会、全仏オープンが現地時間28日から熱戦の火蓋が切られる。世界ランキング1位のアンディ・マレー(英国)は準々決勝で同9位の錦織圭(日清食品)と激突する可能性がある“死のブロック”に入ったが、「もがくことを楽しもうと思っている」と今季の不調から逆襲へ、意気込んでいる。ATP公式サイトが報じた。

 開幕前の記者会見に臨んだマレーは「ここ数か月、僕はあまりいい調子でなく、いいプレーを見せられなかった。自分自身が苦しんでいることを認めて、それを乗り越えるための方法を探しているところだ」と語った。

 マレーは昨年、同世代のライバルであるノバク・ジョコビッチ(セルビア)から世界ランク1位の座を奪ったが、今年は負傷の影響もあって精彩を欠いている。2月のドバイ選手権で優勝したものの、前哨戦のBNLイタリア国際では初戦の世界ランク29位の格下、ファビオ・フォニーニ(イタリア)戦でよもやの敗退となるなど、金星を献上した。

 今季はロジャー・フェデラー(スイス)、ラファエル・ナダル(スペイン)らベテラン勢の復調、また世界ランク10位に躍進したアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)ら若手も台頭するなど、競争は激しさを増している。

1 2
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー