[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

21歳川崎春花、2年ぶり復活V&ツアー3勝目! 「ダイヤモンド世代」同期3人の最終組V争いで逃げ切る

女子ゴルフの国内ツアー・ミネベアミツミレディス(北海道・真駒内CC空沼C、6667ヤード、パー72)は7日、最終ラウンドが行われ、首位で出た21歳・川崎春花(村田製作所)が4バーディー、1ボギーの69で回り、通算18アンダー。2位に4打差をつけて逃げ切り、2年ぶりツアー3勝目を達成した。

ミネベアミツミレディス最終ラウンドでプレーする川崎春花【写真:Getty Images】
ミネベアミツミレディス最終ラウンドでプレーする川崎春花【写真:Getty Images】

ミネベアミツミレディス

 女子ゴルフの国内ツアー・ミネベアミツミレディス(北海道・真駒内CC空沼C、6667ヤード、パー72)は7日、最終ラウンドが行われ、首位で出た21歳・川崎春花(村田製作所)が4バーディー、1ボギーの69で回り、通算18アンダー。2位に4打差をつけて逃げ切り、2年ぶりツアー3勝目を達成した。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 北の大地で完全復活を印象づけた。2位に4打差をつけて迎えた最終日。「ダイヤモンド世代」と呼ばれる2003年度生まれの同期・櫻井心那、尾関彩美悠と最終組に入った川崎は、1番パー4でいきなり今大会初ボギーを叩いたが、動じない。5番パー3でバーディーを奪うと、9番パー4でも1つ伸ばしてサンデーバックナインへ。12番パー5でもバーディーを奪うなど、最後まで安定したゴルフ。18番のウイニングパットを沈めると、同組2人とハグを交わして笑みをこぼした。

 京都出身の川崎は19歳だった2022年9月の日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯で予選会から出場し、ツアー初優勝&メジャー制覇を達成。翌10月のマスターズGCレディースも制し、一躍、女子ゴルフ界のシンデレラガールとなったが、昨年はトップ10わずか3度と苦戦。今年も予選落ち7度と苦しんでいたが、6月のニチレイレディスで5位に入り、上昇気配に。今大会は隙のないゴルフで2年ぶりの歓喜を掴んだ。

 川崎と同組だった櫻井が通算14アンダーで2位、尾関が通算13アンダーで3位に。岩井千怜が通算12アンダーで4位、今大会ホールインワンを達成した堀琴音が通算11アンダーで5位だった。

(THE ANSWER編集部)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集