[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

女子バスケ日本戦で33得点 「1人だけ別次元」話題の18歳大器が日本に刺激「再建期の我々の参考に」

世界ランク9位のバスケットボール女子日本代表は6日、東京・有明アリーナで同26位ニュージーランドとの国際強化試合に92-50で勝利した。125-57だった4日に続く連勝。大敗したニュージーランドだったが、身長193センチのローレン・ウィッティカーが33得点12リバウンドのダブルダブルで存在感を放った。18歳の有望株は「アメージングな雰囲気だった」と日本の熱狂的な観衆に感謝した。

女子バスケ日本戦に出場したニュージーランド代表のローレン・ウィッティカー【写真:Getty Images】
女子バスケ日本戦に出場したニュージーランド代表のローレン・ウィッティカー【写真:Getty Images】

三井不動産カップ(東京大会)

 世界ランク9位のバスケットボール女子日本代表は6日、東京・有明アリーナで同26位ニュージーランドとの国際強化試合に92-50で勝利した。125-57だった4日に続く連勝。大敗したニュージーランドだったが、身長193センチのローレン・ウィッティカーが33得点12リバウンドのダブルダブルで存在感を放った。18歳の有望株は「アメージングな雰囲気だった」と日本の熱狂的な観衆に感謝した。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 才能は誰の目から見ても明らかだった。先発したウィッティカーはチーム最長身193センチ。馬瓜エブリンを弾き飛ばしてボールを確保すれば、ダブルチームをかけられてもお構いなしにレイアップを決めた。高さを生かしたパスを飛ばせば、3ポイントシュート(3P)も5本中3本成功。「アグレッシブな気持ちで臨んだ」。両軍最多の33得点12リバウンドに加え5アシストも記録し、一人、気を吐いた。

 4日の第1戦でも20得点4リバウンドと奮闘したが、3P成功率45.5%をマークした日本に68点差をつけられて完敗。「日本のチームはアメージングだった。素晴らしい3P成功率があり、ボールを素早く動かし、チームとして機能していた。再建期にある私たちニュージーランドにとって、本当に参考になる、目指したくなるプレーをしていた」。謙虚な口調で、2試合で受けた刺激を振り返った。

 今年10月に19歳になる若手有望株は、全米体育協会(NCAA)1部のゴンザガ大に所属。1年目の23-24シーズンはレッドシャツ制度により出場せず、24-25シーズンのデビューを目指す。昨年は世界24か国から38人が集まるNBA、WNBA、FIBAのグローバルキャンプにニュージーランドから唯一招待された。「まだ大学に入ったばかりだけど、いつかWNBA、プロの世界でプレーできたら嬉しい」と夢を語る。

 有明アリーナでの2試合はともに1万人を超える観衆に囲まれた。「イキイキとした何千人という人の前でプレーする機会はなかなかないもの。じっくり味わっていたの。アメージングな雰囲気だった。私たちにもとても支援的だったし、日本は最高。本当に感謝しているわ」と18歳らしい感想。X上でも「1人だけ別次元」「本当に脅威」と日本のファンを驚かせたウィッティカーの将来が楽しみだ。

(THE ANSWER編集部・鉾久 真大 / Masahiro-Muku)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集