[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「この選手が跳べてなぜ私が…」 突如世間の視線を集めた24歳・高橋渚の海外挑戦と悔しい3連覇【陸上日本選手権】

今夏のパリ五輪代表選考会を兼ねた陸上・トラック&フィールド種目の日本選手権初日が27日、新潟・デンカビッグスワンスタジアムで行われた。女子走り高跳びでは、24歳の高橋渚(センコー)が1メートル87で3連覇を達成。しかし、目標の1メートル90超えはならず悔しさを噛み殺した。

日本選手権走り高跳びで優勝し、金メダルを手に撮影に応じる高橋渚【写真:奥井隆史】
日本選手権走り高跳びで優勝し、金メダルを手に撮影に応じる高橋渚【写真:奥井隆史】

 今夏のパリ五輪代表選考会を兼ねた陸上・トラック&フィールド種目の日本選手権初日が27日、新潟・デンカビッグスワンスタジアムで行われた。女子走り高跳びでは、24歳の高橋渚(センコー)が1メートル87で3連覇を達成。しかし、目標の1メートル90超えはならず悔しさを噛み殺した。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 長い手足を生かし、華麗に舞った。高橋は1メートル75から78、81をいずれも一発クリア。他の選手はついていけず、3連覇が決まった。「1メートル90を跳びに来た」。あとは自分との闘いだ。1メートル84、87も一発成功。目標の大台を前に心の中で唱えた。

「跳べる、跳べる、跳べる」

 果敢に挑戦した。しかし、3回とも失敗。優勝しても悔しさで瞳を潤ませた。

「今日の日本選手権は、一番思い出に残る試合にしたかった。いやぁ……悔しいですね。3連覇はもちろん嬉しいですけど、90を飛んで3連覇したかったので悔しいです。跳びたい気持ちが強いと体が突っ込んでしまう。また持ち越しですね」

 身長173センチ。東京高で本格的に陸上を始め、3年時の2017年インターハイを制した。日大では日本インカレ優勝。19年日本選手権で3位に入り、国内トップレベルの選手に仲間入りした。昨年日本選手権で連覇すると、7月にはアジア選手権4位(1メートル83)と健闘。今年2月の日本室内選手権では1メートル86の大会新記録で3連覇し、5月の静岡国際で1メートル88の自己ベストをマークした。

 一方、昨年のフジテレビ「FNS27時間テレビ」では、お笑い芸人・明石家さんまの「ラブメイト10」にラインアップ。さんまが最近気になる女性を紹介する深夜恒例の企画に突如登場し、SNSに反響が集まるなど世間の視線を集めた。

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集