[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

バスケ河村勇輝に愛ある公開ダメ出し 敗戦のホーバス監督「富樫を使ったほうがいいかなと」

男子バスケットボールの世界ランク26位・日本代表は22日、北海道・北海きたえーるで国際強化試合に臨み、同5位のオーストラリア代表に89-90で敗れた。試合後の会見ではトム・ホーバス監督から若き司令塔の河村勇輝へ愛ある“ダメ出し”が飛んだ。

オーストラリア戦に出場した、バスケ男子日本代表の河村勇輝【写真:Getty Images】
オーストラリア戦に出場した、バスケ男子日本代表の河村勇輝【写真:Getty Images】

日本生命カップ2024

 男子バスケットボールの世界ランク26位・日本代表は22日、北海道・北海きたえーるで国際強化試合に臨み、同5位のオーストラリア代表に89-90で敗れた。試合後の会見ではトム・ホーバス監督から若き司令塔の河村勇輝へ愛ある“ダメ出し”が飛んだ。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 第1クォーター(Q)を27-15と優位に進めた日本だったが、スターター起用された23歳の司令塔・河村はもがいていた。「新しいコールプレーを試した時に上手く遂行できなかった」。2得点1アシストは決めたものの流れが停滞。残り5分16秒で富樫勇樹と交代した。

 ホーバス監督は会見に出席。昨年ワールドカップではほとんどなかった富樫&富永啓生のコンビが多くなった理由を問われた。隣の河村をチラリと見ながら「これは本気の話」と釘を刺し、60人を超える報道陣の前で異例の“ダメ出し”をした。

「本当は河村をもっと前半長くプレーさせたかったが、チームのリズムがあまり良くなかった。ゲームリズムの点で、キャプテン(富樫)を使ったほうがいいかなと思った」。ホーバス監督の言葉に、河村は厳しい表情で頷いた。「証明できなかったのは悔しい限り。でも、チームのためにはそういったメンバーチェンジは当たり前のこと」。19分の出場で9得点2アシスト。不甲斐なさに唇を噛んだ。

「19分の中でも自分ができたことはほとんどなかった。持ち合わせている力の少しも出せなかった。もっと危機感を持って、またスタートとして責任や覚悟を持ってプレーしないといけない」。厳しく自分を律した河村に、ホーバス監督は「ヘッドダウン(落胆)しないよね?」と優しく問いかけ。「もちろんです」。厳しい対応も期待の裏返し。力強い返答を聞いた指揮官も笑顔で頷いた。

(THE ANSWER編集部・鉾久 真大 / Masahiro-Muku)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集