[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • セリーナは「やりすぎた」 フェデラーが全米での騒動に再言及、審判の態度にも疑問符

セリーナは「やりすぎた」 フェデラーが全米での騒動に再言及、審判の態度にも疑問符

テニスの4大大会、全米オープン女子シングルス決勝で大坂なおみ(日清食品)に敗れたセリーナ・ウィリアムズ(米国)。試合中に審判への暴言などの行動で世界中に物議を醸した。あれから2か月が経過したが、グランドスラム20勝の世界ランク3位、ロジャー・フェデラー(スイス)は「彼女はやりすぎた」と改めて苦言を呈している。英地元紙「サンデー・タイムズ」で語っている。

フェデラー(左)が全米オープンでのセリーナ騒動について再言及した【写真:Getty Images】
フェデラー(左)が全米オープンでのセリーナ騒動について再言及した【写真:Getty Images】

全米オープンでのセリーナの振る舞いに再びフェデラーが言及

 テニスの4大大会、全米オープン女子シングルス決勝で大坂なおみ(日清食品)に敗れたセリーナ・ウィリアムズ(米国)。試合中に審判への暴言などの行動で世界中に物議を醸した。あれから2か月が経過したが、グランドスラム20勝の世界ランク3位、ロジャー・フェデラー(スイス)は「彼女はやりすぎた」と改めて苦言を呈している。英地元紙「サンデー・タイムズ」で語っている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 9月の全米オープン決勝の舞台で、大坂の前に1セットを失い劣勢に立たされたセリーナは客席のコーチからの指導で警告を受けると、その後ラケット破壊、審判への暴言という3つのコードバイオレーションでペナルティを課された。

 表彰式ではセリーナ贔屓のファンのブーイングが鳴り響く中、大坂は優勝スピーチで涙を流す異常事態となっていた。

 同紙に対して、テニス界屈指の紳士として知られるフェデラーは一連の問題について改めて口を開いた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー