[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

キタサンブラック産駒の超新星にX衝撃 新馬戦の破格ラップに「ダービー馬候補」「とにかく無事に」

9日に東京競馬場で行われた2歳新馬戦で期待の大物が衝撃デビューを飾った。芝1800メートル(良馬場)に11頭が集まったレース。3番人気のクロワデュノール(牡2・斉藤崇、父キタサンブラック)が2着馬に2馬身1/2差をつけて快勝した。勝ちタイムが同コースの新馬戦史上最速という圧巻の内容に、ファンからは「ダービー馬かも」「大物感ある」といった声が上がっている。

東京5R2歳新馬戦を完勝したクロワデュノール【写真:産経新聞社】
東京5R2歳新馬戦を完勝したクロワデュノール【写真:産経新聞社】

東京競馬場の新馬戦史上最速タイム

 9日に東京競馬場で行われた2歳新馬戦で期待の大物が衝撃デビューを飾った。芝1800メートル(良馬場)に11頭が集まったレース。3番人気のクロワデュノール(牡2・斉藤崇、父キタサンブラック)が2着馬に2馬身1/2差をつけて快勝した。勝ちタイムが同コースの新馬戦史上最速という圧巻の内容に、ファンからは「ダービー馬かも」「大物感ある」といった声が上がっている。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!


 長い府中の直線を豪快に疾走した。好発を決めたクロワデュノール。今年のオークスを勝ったチェルヴィニアの半弟で1番人気アルレッキーノが先頭を走る展開を、外の2番手でレースを進めた。楽な手応えで4コーナーを回ると、早くもアルレッキーノと一騎打ちの様相。鞍上の北村友一騎手が残り400メートル手前で追い出すと、ライバルを一気に突き放してそのままゴール板を駆け抜けた。

 勝ちタイムの1分46秒7は東京競馬場の芝1800メートルの新馬戦史上最速。ゲートは優秀、安定したレース運び、オークス馬の半弟を退けた勝負根性、そして何より、上がり5ハロン(1000メートル)のタイムが57秒3(11.9-11.5-11.3-11.1-11.5)という破格のラップでの勝利とあって、ネット上のファンからは衝撃の声が上がっている。

「ダービー馬かもしれません」
「東京Cコース最終週でこの数字、特に後半のLAPが素晴らしい」
「これはなかなか衝撃…」
「この時期の東京芝1800m1.46.7は破格の時計」
「早くも来年のダービーが楽しみ」
「キタサンブラックがまた大物を出しました」
「イクイノックス級のヤバい奴の可能性」
「ダービー馬候補」
「これは強い。後半も相当速い。栗東の斉藤厩舎がわざわざ東京遠征の意味」
「何度見ても素晴らしい」
「とにかく無事にいってほしいです」

 下見所(パドック)ではややうるさい仕草も見せていたクロワデュノール。今年もまた将来性抜群の大物が東京でベールを脱いだ。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集