[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

バレー石川祐希の謎行動「思わず吹いた」 女性ファンを虜にした10秒話題「バキバキに…」

バレーボールの男子ネーションズリーグ(NL)2024福岡大会を戦った日本代表の石川祐希主将が決めた“カメラ目線”が話題になっている。全く目を離さない10秒間。「全然外さないでずっと見てるの思わず吹いたわ」「バキバキに仕上がってる」とファンが驚いている。

日本代表の石川祐希【写真:VNL提供】
日本代表の石川祐希【写真:VNL提供】

バス内の行動話題

 バレーボールの男子ネーションズリーグ(NL)2024福岡大会を戦った日本代表の石川祐希主将が決めた“カメラ目線”が話題になっている。全く目を離さない10秒間。「全然外さないでずっと見てるの思わず吹いたわ」「バキバキに仕上がってる」とファンが驚いている。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 大会最終日の8日、日本代表はスロベニアと戦った。試合前のバス内。車両の中ほどにちょこんと座った石川は、自身にカメラが向けられているのに気づいたのか、レンズ方向を凝視していた。目線をビシッと向け、全くそらさず10秒近くキープしている。

 日本バレーボール協会が公式Xで動画を公開。“謎の行動”に対し、女性ファンを中心に虜になった様子のコメントが集まった。

「カメラ目線有難うございます」
「石川キャプテン!!!バキバキに仕上がってらっしゃる」
「祐希ちゃんが珍しくカメラ目線なの何? 可愛い」
「ゆうくんの不敵な笑み」
「珍しくカメラ目線で爆笑してしまいました」
「まさにMr.パーフェクトとはこのことだな」
「カメラに気づいてちょいニヤケの石川選手にツボった」
「全然外さないでずっと見てるの思わず吹いたわ」

 試合は日本がスロベニアに3-1で勝利。石川も12得点を挙げた。大会を3勝1敗で終えた日本は、パリ五輪で1972年のミュンヘン大会以来52年ぶりのメダル獲得の期待がかかる。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集