[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

山本由伸、ヤ軍圧倒7回0封に吹き荒れる米メディア絶賛 509億円契約の「宣伝通りの凄さ」「まさにエースだ」

米大リーグのドジャース・山本由伸投手が7日(日本時間8日)、敵地ヤンキース戦でメジャー自己最多106球を投げ、7回を2安打7奪三振無失点と快投。打線の援護なく白星は付かなかったが、昨オフのメジャー挑戦当時に獲得オファーを出したヤンキースに手痛い“恩返し”を演じた。米メディアからも「これぞまさに、エースに求めるものだ」と称賛が吹き荒れている。

ヤンキース戦で快投を見せたドジャースの山本由伸【写真:ロイター】
ヤンキース戦で快投を見せたドジャースの山本由伸【写真:ロイター】

敵地ヤンキース戦で“恩返し”の快投

 米大リーグのドジャース・山本由伸投手が7日(日本時間8日)、敵地ヤンキース戦でメジャー自己最多106球を投げ、7回を2安打7奪三振無失点と快投。打線の援護なく白星は付かなかったが、昨オフのメジャー挑戦当時に獲得オファーを出したヤンキースに手痛い“恩返し”を演じた。米メディアからも「これぞまさに、エースに求めるものだ」と称賛が吹き荒れている。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 初めて上がった敵地ヤンキースタジアムのマウンドで背番号18が躍動した。山本は伸びのあるストレートに手元で動くツーシームを織り交ぜ、巧みな投球術で相手打線を圧倒。4番スタントンのバットをへし折り、2回2死から12者連続アウトを奪った。7回もマウンドに上がり、最後は1死一塁から併殺締め。4試合連続100球超えの106球はメジャー移籍後最多の力投だった。

 X上でも米メディアの記者から称賛が吹き荒れ、米専門メディア「ドジャース・ネーション」のノア・カムラス記者は「彼(山本)はニューヨークで球界最高のチームと対戦してゼロ封した。これぞまさに、エースに求めるものだ。ドジャースはスペシャルな投手を手にした」と絶賛。同じく「ドジャース・ネーション」のダグ・マケイン記者も「ヨシノブ・ヤマモトの堂々としたパフォーマンス。ヨシがヤンキースをゼロ封した」と評した。

 投手史上最高額となる12年総額3億2500万ドル(約509億円)で契約した右腕について、米カリフォルニア州の地元ラジオ局「ESPNロサンゼルス」でドジャース番を務めるブレイク・ハリス記者は「宣伝通りの凄さだ」と頷き、地元紙「ロサンゼルス・タイムズ」のジャック・ハリス記者も「今季、彼の最もエース級といえるパフォーマンスだ。球速も最速(平均97.1マイル)で、スライダーとスプリットの配球も良かった。ソトがいないとはいえ、印象的な投球だ」とつづった。

 打線の援護がなく、7勝目はお預けとなったものの、ヤンキースタジアムで演じた快投はインパクト十分だった。

(THE ANSWER編集部)

1 2 3
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集