[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本男子、世界1位ポーランドに0-3完敗 高橋藍、石川祐希ら主力を温存 石川はリベロユニホームで騒然【ネーションズリーグ】

バレーボールネーションズリーグ(VNL)2024福岡大会(西日本総合展示場)は7日、世界ランク4位の男子日本代表が同1位ポーランド代表と対戦。0-3(17-25、15-25、20-25)で今大会初のストレート負けを喫した。これで通算5勝2敗。日本男子は昨年10月にパリ五輪の出場権を獲得しており、今大会は金メダルだった1972年ミュンヘン五輪以来52年ぶりのメダル獲得に向けた前哨戦。8日は同5位のスロベニアと予選ラウンド第2週最終戦を行う。

ポーランドにストレート負けを喫した日本代表【写真:VNL提供】
ポーランドにストレート負けを喫した日本代表【写真:VNL提供】

買取大吉 バレーボールネーションズリーグ2024福岡大会

 バレーボールネーションズリーグ(VNL)2024福岡大会(西日本総合展示場)は7日、世界ランク4位の男子日本代表が同1位ポーランド代表と対戦。0-3(17-25、15-25、20-25)で今大会初のストレート負けを喫した。これで通算5勝2敗。日本男子は昨年10月にパリ五輪の出場権を獲得しており、今大会は金メダルだった1972年ミュンヘン五輪以来52年ぶりのメダル獲得に向けた前哨戦。8日は同5位のスロベニアと予選ラウンド第2週最終戦を行う。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 世界1位ポーランドを相手に、日本はメンバーを大きく入れ替えて挑んだ。関田誠大と高橋健太郎に代えて、大宅真樹と大塚達宣の2人を登録。さらに、アウトサイドヒッターの主将・石川祐希は黒のリベロユニホーム、本来リベロの山本智大が赤のユニホームを着用していた。

 5日のドイツ戦後の会見でフィリップ・ブラン監督が「チャンスを与える」と明言していた宮浦健人、深津旭弘、甲斐優斗の3選手をスタメンに起用。山内晶大、エバデダン・ラリー、富田将馬、小川智大とのメンバーで第1セット(S)に臨んだ。宮浦が4得点をマークするも、日本のVリーグ名古屋でプレーした主将バルトシュ・クレクらに得点を重ねられて17-25でこのセットを落とした。

 第2Sは甲斐のサービスエースや山内のブロックなど好プレーも飛び出すが、ポーランドに中盤以降突き放される苦しい展開。終盤、日本は山本をコートに送り、小川との“ダブルリベロ”の体制に。しかし15-25でこのセットも落とし、第3Sも勢いを止められずストレート負けとなった。石川、高橋藍の主力2人は出場せず、西田有志も出場時間が短く“温存”される形になった。

 日本は4日の福岡ラウンド初戦でイランに3-0のストレート勝ち。5日のドイツ戦は苦しみながらも3-2で逆転勝ちを収めていた。連日、会場外には試合開始の数時間前から多くのファンが詰めかけ、到着した日本の選手に黄色い声援が送られている。

 日本代表は昨年のVNLで銅メダルを獲得。主要世界大会で46年ぶりに表彰台に立った。今年はブラジルで行われた予選ラウンド第1週で3勝1敗。全ての予選ラウンド終了後、24日付の世界ランキングを基にパリ五輪の組み合わせが決まるため、52年ぶりのメダル獲得に向けても重要な大会となる。

 福岡大会は8日のスロベニア戦を残すのみ。18日からフィリピン・マニラで開催される予選ラウンド第3週を経て、8チームが27日からポーランドで開催されるノックアウト方式のファイナルラウンドに進出する。なお、日本女子は残り4枠の五輪出場権を懸け、11日開幕の予選ラウンド第3週(福岡・西日本総合展示場)を迎える。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集