[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

予想外の“ダブルリベロ”実現に会場騒然 山本智大&小川智大の会話「全部拾ってやろうぜって…」【ネーションズリーグ】

バレーボールネーションズリーグ(VNL)2024福岡大会(西日本総合展示場)は7日、世界ランク4位の男子日本代表が同1位ポーランド代表と対戦。0-3(17-25、15-25、20-25)で今大会初のストレート負けを喫した。会場が騒然となったのは“ダブルリベロ”が実現した第2セット。リベロで先発していた小川智大と、途中出場の山本智大が同時にコートに立った。山本は「新鮮な感じがしました」と試合後の取材に明かしている。

小川智大(13番)と山本智大(20番)が同時にコートに立った【写真:VNL提供】
小川智大(13番)と山本智大(20番)が同時にコートに立った【写真:VNL提供】

買取大吉 バレーボールネーションズリーグ2024福岡大会

 バレーボールネーションズリーグ(VNL)2024福岡大会(西日本総合展示場)は7日、世界ランク4位の男子日本代表が同1位ポーランド代表と対戦。0-3(17-25、15-25、20-25)で今大会初のストレート負けを喫した。会場が騒然となったのは“ダブルリベロ”が実現した第2セット。リベロで先発していた小川智大と、途中出場の山本智大が同時にコートに立った。山本は「新鮮な感じがしました」と試合後の取材に明かしている。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 7874人が集まった会場がざわめいた。第2セット終盤だ。この日、リベロの黒ではなく、赤のユニホームを着ていた山本がコートへ。小川と同時出場が実現した。主将の石川祐希が黒のリベロユニホームを着用していたことで試合前から話題になっていた。

「今日の朝、石川の体を休めたいということで普通のユニホームを着て、ディフェンスを固めてくれと監督から(話が)あったので準備はしていました」

 小川と山本はともに世界に実力を誇れるリベロ。しかし、4日のイラン戦後にフィリップ・ブラン監督は「(小川と山本のうち)1人しか連れていけない」とパリ五輪の代表メンバーについて説明していた。通常の国際大会はベンチ入り14人だが、五輪は2人少ない12人になる。

“ダブルリベロ”が実現した時の騒然とした雰囲気について、山本は「聞こえました。ああ、沸いてるな~って」と表現した。代表争いを繰り広げる2人は互いにリスペクトする間柄。試合前には小川と「全部拾ってやろうぜっていう感じの話はしていました」と明かした。

「リベロじゃないんで嬉しい気持ちは少ないけど、新鮮な感じがしました」と笑ったが、ポーランド相手にメンバーを大きく入れ替えた日本は完敗。「パリ五輪でも絶対に敵になってくる相手だと改めて感じた」と気を引き締めていた。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集