[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、まさかの珍打に米記者困惑「ビックリする部類の判定だ」 落下地点をよく見ると…

米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手は6日(日本時間7日)、敵地パイレーツ戦に「2番・DH」で出場。0-0の初回に右前打を放った。しかし、ダイビングキャッチを試みた右翼手がノーバウンドで捕球したように見えたことで混乱が生じ、米記者は判定に「多く混乱を引きおこす」と指摘していた。

ドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】
ドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】

敵地パイレーツ戦に「2番・DH」で出場

 米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手は6日(日本時間7日)、敵地パイレーツ戦に「2番・DH」で出場。0-0の初回に右前打を放った。しかし、ダイビングキャッチを試みた右翼手がノーバウンドで捕球したように見えたことで混乱が生じ、米記者は判定に「多く混乱を引きおこす」と指摘していた。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 0-0の無死一塁の第1打席。大谷は左腕ファルターの4球目を泳がされながらもライトへ打ち返した。これに右翼手オリバレスが前進し、ダイビングキャッチした。ノーバウンドでつかんだと見た審判はアウトの判定。一塁走者のベッツは一塁へ戻った。ドジャース側がチャレンジを要求し、リプレー検証に。グラブに収まる前にワンバウンドしており、右安打に判定が覆った。ベッツが二塁に進み、大谷も出塁した。

 この珍事にX(旧ツイッター)上では米記者も続々と反応。米カリフォルニア州地元紙「ロサンゼルス・タイムズ」のジャック・ハリス記者は「審判の判断が悪ければ、ベース上での多く混乱を引きおこすものだ」と最初の判定にチクリ。AP通信のウェス・クロスビー記者は「オオタニの安打は、今まで見た中でもかなりビックリする部類の判定だ」と記していた。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集