[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

富永啓生、NBAドラフトは厳しい見通し「パリ五輪で活躍を」 練習オファーは6、7球団、帰国会見で今後を語る

男子バスケットボール日本代表の富永啓生が6日、オンラインで2023-204シーズン帰国報告会見を行った。昨夏のワールドカップ(W杯)では日本代表のパリ五輪出場権獲得に貢献。今年5月には、3季を過ごしたNCAA(全米大学体育協会)1部のネブラスカ大を卒業した。米プロバスケットボール(NBA)入りを目指す23歳が、今夏のNBAドラフト、パリ五輪への意欲などについて語った。

オンライン会見を行った富永啓生(画像はスクリーンショット)
オンライン会見を行った富永啓生(画像はスクリーンショット)

オンラインで会見

 男子バスケットボール日本代表の富永啓生が6日、オンラインで2023-204シーズン帰国報告会見を行った。昨夏のワールドカップ(W杯)では日本代表のパリ五輪出場権獲得に貢献。今年5月には、3季を過ごしたNCAA(全米大学体育協会)1部のネブラスカ大を卒業した。米プロバスケットボール(NBA)入りを目指す23歳が、今夏のNBAドラフト、パリ五輪への意欲などについて語った。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 バスケの本場・米国で5年間戦ってきた若武者が充実した表情を見せた。地元・愛知のバスケットボールアスレティッククラブ ディーナゲッツ愛知から配信された会見。5日の夜に帰国したばかりという富永は「言葉もわからない中でアメリカに飛んで生活できたことは、これからの人生にとって成長させてくれた5年間だった。とても良い経験になった」と振り返った。

 2019年3月に愛知・桜丘高を卒業後、NJCAA(全米短期大学体育協会)のレンジャー・カレッジに進学。2021-22シーズンからネブラスカ大へ編入した。21年東京五輪は3人制日本代表で出場。2022-2023シーズンに頭角を現すと、3ポイントシュート(3P)能力の高さから、米メディアにもNBAウォリアーズのスーパースター、ステフィン・カリーに例えられ「日本のカリー」と評されるまでになった。

 米大学最終年となった今季は34試合中32試合に出場。全試合で先発し、キャリア最高の1試合平均15.1得点をマークした。エースとして同大の10年ぶり8度目のNCAAトーナメント(通称:マーチ・マッドネス)進出に貢献。1回戦で敗退となったものの、同トーナメントのオールスターゲームにも出場し、3ポイントコンテストでは見事に優勝を果たした。

「ネブラスカでの最終年、自分の一番の目標としていたマーチ・マッドネスに出場できてよかった。チームとしても個人としても良いパフォーマンスができた。中心選手としてチームをマーチ・マッドネスに導けたことは良かった。託される存在になれたことは嬉しかった」と胸を張った。

 シーズン前に行われた昨夏のW杯では、日本代表の歴史的な3勝に大きく貢献した。特に48年ぶりに自力での五輪出場権獲得を決めたカーボベルデ戦では、3Pを8本中6本成功させるなど22得点の大爆発。今月3日に発表された日本代表の第2次強化合宿参加メンバーにも名を連ねており、パリ五輪出場が期待されている。目標とする日本史上初のベスト8進出に向け、富永は活躍を誓う。

「日本のバスケットの歴史を作っていきたい。自分たちの100%、120%のバスケットを出し切りたい。五輪は特別なもの。それに対する気持ちは強い。一生忘れることのないイベントになると思うので、悔いのないようにやっていきたい」

 個人として目指すのは「NBA。一番の目標なのでブレずに」と断言。NBAの6、7球団からワークアウトの声がかかり、スケジュールも加味して3チームのワークアウトに参加した。「自分のストロングポイントは出せた。見せたいプレーは見せられた。手応えは結構あった」。今月26、27日(日本時間27、28日)に行われるNBAドラフトでの指名は難しいと見ているが、パリ五輪でアピールを狙う。

「今は日本代表に専念することを考えている。来季の所属先は決まっていないので、パリ五輪で活躍して、チームからオファーをいただけたらというのが今の自分の考え」。7月12日(同13日)から米ラスベガスでNBAサマーリーグが開催されるが、日本代表合宿を優先する予定だ。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集