[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平に被弾した投手が「ファンみたいなリアクション」 白い歯見せる姿に米ファン注目「面白すぎ」

米大リーグ、ドジャースの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、敵地ピッツバーグで行われたパイレーツ戦に「2番・DH」で先発し、3回の第2打席で5月29日(同30日)のメッツ戦以来、5試合ぶりとなる15号2ランを放った。被弾したスキーンズは、時速100マイル(約160.9キロ)の剛速球をはじき返されるとなぜか笑みを見せ、打球を最後まで見送っている。このリアクションに米国のファンから「表情が面白すぎる」「ファンみたいなリアクション」との声が上がっている。

敵地パイレーツ戦で15号を放ったドジャースの大谷翔平【写真:Getty Images】
敵地パイレーツ戦で15号を放ったドジャースの大谷翔平【写真:Getty Images】

161キロの剛球を本塁打にされたスキーンズは大の大谷ファン

 米大リーグ、ドジャースの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、敵地ピッツバーグで行われたパイレーツ戦に「2番・DH」で先発し、3回の第2打席で5月29日(同30日)のメッツ戦以来、5試合ぶりとなる15号2ランを放った。被弾したスキーンズは、時速100マイル(約160.9キロ)の剛速球をはじき返されるとなぜか笑みを見せ、打球を最後まで見送っている。このリアクションに米国のファンから「表情が面白すぎる」「ファンみたいなリアクション」との声が上がっている。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!


 スキーンズは昨年のドラフトで全体1位指名を受けた注目の右腕。3回2死一塁で迎えた第2打席、大谷はフルカウントから高めへの100マイル(約160.9キロ)速球を捉えた。打球は中堅へぐんぐん伸び、フェンスを越えた。飛距離415フィート(約126.5メートル)、打球速度105.6マイル(約169.9キロ)の打球を、スキーンズはフェンスの向こうに消えるまでしっかり見届けた。

 MLB公式のX(旧ツイッター)が「ショーへようこそ」としてこの場面を公開。振り返ったスキーンズが白い歯を見せるところまで収められた動画に、米国のファンから様々なコメントが並んだ。

「スキーンズはファンみたいなリアクションだな(笑)。オオタニ好きなのが見て分かる」
「スキーンズの表情が面白すぎる」
「これが来るのは分かっていた」
「最高だ」
「学んで、適応して、特大弾だ!」
「Wow」

 大学時代には二刀流でプレーしていたスキーンズは、登板に先立って米メディアに大谷への憧れや、大リーグデビュー戦を観戦していたことを明かしている。そんな思いが思わず出てしまったのかもしれない。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集