[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平15号! 全米ドラ1に豪快リベンジの127m弾 「今季チーム初」の161キロ粉砕に米記者衝撃

米大リーグ、ドジャースの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、敵地ピッツバーグで行われたパイレーツ戦に「2番・DH」で先発し、3回の第2打席で5月29日(同30日)以来5試合ぶりとなる15号2ランを放った。時速100マイル(約160.9キロ)の剛速球を粉砕する一打に、米国の記者は「今季ドジャースの選手で初めて」と驚いている。

ドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】
ドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】

昨年の全米ドラ1、スキーンズの剛速球を中堅へ

 米大リーグ、ドジャースの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、敵地ピッツバーグで行われたパイレーツ戦に「2番・DH」で先発し、3回の第2打席で5月29日(同30日)以来5試合ぶりとなる15号2ランを放った。時速100マイル(約160.9キロ)の剛速球を粉砕する一打に、米国の記者は「今季ドジャースの選手で初めて」と驚いている。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 全米ドライチ自慢のボールを粉砕した。大谷が対したスキーンズは2023年のドラフト全体1位で指名された右腕。大谷も初回の対戦では、最速101マイル(約162.5キロ)のボールを前に3球三振に倒れていた。

 3回2死一塁で迎えた第2打席、大谷はフルカウントからスキーンズが高めに投じた100マイル(約160.9キロ)の速球を捉えた。打球は中堅へぐんぐん伸び、フェンスを越えた。飛距離415フィート(約126.5メートル)の一撃に驚いたのが米国の記者たちだ。

 米カリフォルニア州地元紙「ロサンゼルス・タイムズ」のジャック・ハリス記者は自身のX(旧ツイッター)に「ショウヘイ・オオタニがポール・スキーンズの100マイルの速球を今度は捉えた。センターへの15号。今季ドジャースの選手が97マイル以上の速球を本塁打にしたのは初めて」とつづった。

 また米専門メディア「ドジャース・ネーション」のノア・カムラス記者もXに「ショウヘイ・オオタニがポール・スキーンズにリベンジした。飛距離415フィート、打球速度105.6マイルの2ランをセンターへ叩き込んだ」と投稿し、第1打席からの変化に驚いている。

 米専門メディア「ドジャース・ネーション」のダグ・マケイン記者も同様に「ショウヘイ・オオタニは初回にポール・スキーンズ相手に3球三振に倒れた。2度目の対戦で、オオタニは2ランをかっ飛ばした」とつづった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集